価格に騙されない!ホームページリニューアルの費用は目的に応じて決める

ホームページを制作するには費用がかかります。
そして、リニューアルは「既に存在しているサイトを作りかえる」ため、慎重に進めていく必要があります。
何故なら、やらなければ良かったリニューアルもあるからです。

例えば、「安い」という理由で、見た目だけを変えたサイトにリニューアルする意味はあるでしょうか。
結果に繋がらないのであれば、現状のWebサイトのままで十分ではないでしょうか。

では「結果が出る」ことを前提にリニューアルを考えるのであればどれくらいの費用がかかるのでしょう。
今回は、リニューアルにかかる制作費について紹介していきます。

リニューアルの費用は計算しにくい

最初に知っておいてほしいのがリニューアルの費用は「いくらになるか読みにくい」ということです。
デザインを新しくしたいだけであれば数万円のテンプレートで済むかもしれませんが、複雑なシステムを導入したい場合は100万円以上の費用が発生することもあります。

「利便性」や「機能性」を求めれば求めるほど金額が上昇していくことになります。
その上「前のサイトより悪くなった」となれば冒頭の「やらなきゃよかった」という事態になってしまいます。
だから、結果が出て、できる限り費用が抑えられる方法がリニューアルのテーマになります。

格安リニューアルはしない方が良い?

企業において「ちょっと気分転換にWebサイトでもリニューアルしようか」なんてことは普通起こりません。
原因があり、それを解消するために検討されるものだからです。
そして、理由はさまざまであってもそこには必ず明確な目的が存在しています。
それなのに、費用のことばかりに目が行ってしまい、結果の出にくいWebサイトにしてしまう企業様が少なくありません。

例えば、今運用しているWebサイトがかなりコストを圧迫しているので解消したい。という理由であれば、格安リニューアルはやる価値があるかもしれません。
しかし「使い勝手を良くしたい」「デザインを今風にしたい」「結果を出したい」という目的に対してであれば、おすすめできません。
何故なら、格安のWebサイトは「機能をある程度省いている」可能性があるからです。

安さには必ず代償がある

Webサイトの結果は金額に比例しませんが、仕組みや戦略が考えられたサイトの方が結果が出る可能性は高くなります。
もし、既にWebサイトを運用していて、明確な理由と根拠がないままリニューアルに踏み切ろうとしているのであればちょっと待ってください。一番コスパが良いのは、リニューアルしないことです。
やるならまずはその明確な理由を持っておくべきです。

サイトリニューアルの目的・目標を明確にする

ここからが重要なポイントです。まずはよくあるリニューアルの理由を並べますので、当てはまっているものがあるかチェックしてみましょう。
もちろん、ひとつに絞る必要はありません。おそらく当てはまる項目が複数あるはずです。

  • 複雑化してきたコンテンツを整理し、構造を分かりやすくしたい
  • デザインが古く使い勝手が悪いのでユーザビリティを考えたサイトにしたい
  • 成約や予約を獲得し、商品・サービスの売り上げに貢献できるサイトにしたい
  • お知らせやニュース、ブログなどを自社で更新できるようにしたい
  • パソコンからしか閲覧できないのでスマホ対応したい
  • 名指し検索以外でも上位を獲得できるSEOに強いサイトにしたい

本当にリニューアルが必要かを考える

例えば、複雑化してきたコンテンツの整理をしたいだけなら、リニューアルする必要はないかもしれません。
仮に複雑な構造になった50ページのサイト整える場合、やり直した方が早くてスッキリすることは確かです。
しかし、その分費用はかかりますし、コンテンツどうしのリンク構造やURLが変わった場合のリダイレクト対応など、考えるべきことが大量にあります。

メニューボタンやサイト内の誘導はリニューアルしなくても修正の範囲内で対応できる場合があります。
少しずつ修正を繰り返し、結果を分析することでユーザーの動きが見えてくることもあり、場合によってはそちらの方が目標達成への近道になることすらあります。
いろいろやってみたら問題が改善されたのでリニューアルしなくてもよくなった。となれば、それが最良の選択肢ではありませんか?

目的・目標を明確にする費用的メリット

企業でWebサイトをリニューアルする時
「どうせやるなら、できることは全部やろう。金額のことは気にするな」
なんてことは普通起こりませんよね。

「この機能は本当に必要なのか?」
「これを入れなければいくら安くなる?」
など、できればあった方が良い機能でも費用対効果を考えて省かれることが多くあります。

何が必要なのかを明確にしておくことで「目的に合ったものは取り入れ、合っていないものは省く」という判断ができるため、結果的に費用の削減に繋がります。
その指標として必要なのが、リニューアルの「目的・目標」なのです。

さまざまな要望を叶える「ワードプレス」のサイト

ワードプレスという言葉はホームページのリニューアルを考えていれば一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
「見たことあるけどけっこう高いよね」
という印象を持っている方も多いかもしれません。
しかし、それに見合う理由も持ち合わせているため、ぜひ検討してみてください。

複数の要望に対応できる機能が備わっている

ワードプレスはサイトを作成するために必要な専門知識がなくてもWebサイトを作ることができる画期的なシステムです。
テーマと呼ばれるテンプレートを入れ替えるだけでデザインを変更でき、最新のデザイン、スマホ対応などが叶います。
しかも「お知らせ」や「ブログ」、「イベント」などを自分で投稿することができるため「制作会社に頼らない更新」が可能です。

更新が多い場合にワードプレスはコスト削減になる

仮に、HTMLでコーディングした通常のWebサイトが10万円なのに対し、ワードプレス作ると30万円かかるとします。
そのままだと単純に20万円のコスト増ですが、運用時に毎月2回イベント告知をするため、1回につき5,000円かかるとすればどうでしょう。
HTMLのWebサイトは毎月余分に1万円の支払いが発生しますが、ワードプレスは自分でページを追加できるため追加費用が発生しません。

ランニングコストを含めれば2年以上使い続けるならワードプレスの方がコスト削減に繋がることになります。
「変更したい時に、打ち出したい内容をすぐに対応できる」というメリットもあり、更新が多い企業様のサイトには特におすすめです。

ワードプレスでも底値なら10万円以下で導入可能

ワードプレスのサイトでも、底値なら10万円以下で提供してくれる制作会社もあるようです。
安い理由はテンプレートに合わせて写真や文章を入れ込んでいくシステム。
コーディングやテンプレート開発のプロセスをある程度省いているため、導入費用が安くて済むようです。

少しグレードアップする場合は30万円程度

ワードプレスのテーマを開発する場合、10万円~30万円程度でも叶えられます。
ただし、完全にフルパックというわけにはいかず、テンプレートをベースにしたセミオーダーだったり、テーマの開発のみでサイト制作費用は含まれていなかったりとまちまちです。
ワードプレスの場合「テーマ開発」と「サイトの制作」は別々で考えられるため、何ページ作ってもらえるのかも確認しておく必要がありそうです。

完全フルオーダーなら50万円以上はかかる

ワードプレスのテーマをフルオーダーで開発してもらい、さらにページを10ページ前後制作してもらう場合、通常50万円程度はかかることが多いです。
その分「自社の商品やサービス、ブランドなどに合わせたデザイン」のサイトが叶えられるというメリットがあります。
ユーザビリティを考えたサイト設計なども組み込めるため、サイト設計やデザインを考えた上で自社で更新できるWebサイトを制作したい場合の目安になります。

システム開発が絡むと100万円以上になることも

完全フルオーダーのテーマを開発しつつ、管理や予約、購入といったシステム開発が必要となってくる場合、100万円を超える開発費用がかかってくることもあります。
システム開発は別途見積もりとなることが多いですが、ワードプレスに組み込む場合はその仕様に則った開発が必要となるため、費用が上乗せになることもあります。
それでも作れるなら良い方で、内容によってはワードプレスでは開発できないものもあるので注意が必要です。

ワードプレスへのリニューアルはぜひご相談ください

glowでは、ワードプレスを使ったテーマの開発やシステムの構築などが可能です。
ユーザビリティはもちろん、企業様にとっても使い勝手の良いサイトを制作でき、戦略や運用のアドバイスなども対応が可能です。
費用は決して安くありませんが、その分、根拠に基づいた結果の出る提案ができますので、リニューアルを考えている方はぜひご相談ください。

この事業についてもっと詳しく知りたい方は、

Webサイト制作へ