費用を抑えて賢くリニューアル!サイトの常時SSL化を勧める理由とメリット

Webサイトをリニューアルする際に必須なのが「常時SSL」です。
よく目にする言葉ですが、その意味とメリットをきちんと説明できる方は少ないのではないでしょうか。
Googleが推奨していることもあって、最近は常時SSLのサイトが主流となっています。ただ、一般的には料金が発生する項目のため「うちのサイトはそこまでしなくても良いのでは?」と、回避するケースがあるかもしれません。
対応しなければ大きなリスクを背負ってしまう可能性もあるので、必要性を提案書や企画書に明示しておくことをおすすめします。

常時SSLはセキュリティを全ページに導入すること

SSLは「Secure Socket Layer」の略です。ホームページを閲覧する際、ユーザーはパソコンやスマホなどのデバイスを使ってサーバーにアクセスし、情報を取得しています。メールを閲覧する際には、メールソフトからメールサーバーにアクセスし、必要なメールを取得しています。
どちらもWeb回線を使用していて、ページをめくったり送受信をしたりする度に、通信が繰り返されています。
通信を暗号化し、セキュリティレベルを上げることを「SSL」、それをを全ページに導入することを「常時SSL」と呼びます。

暗号化通信で情報を守ってくれる

キャッチボールをイメージしてみてください。ユーザーがボールを投げ、サーバーが投げ返す。そのボールを誰かが横取りしようとすれば簡単に奪うことができるでしょう。
ネットのやり取りで横取りされるのはボールではなく情報。つまり、予約や購入などで発生する名前や住所、クレジットカードの番号といった個人情報などです。

SSLは高度なセキュリティによって通信の横取りができないようにしてくれます。
例えば、キャッチボールでが常に打ったり取ったりできないような魔球で繰り返されているとすれば、第三者に盗られる心配はありません。安全性は格段に向上します。
来店予約や商品の購入など、ユーザーが個人情報を入力し、やり取りをする場合は特に、SSL化が必須となります。

特定のページではなく全体をSSLにしておく理由

暗号通信が必要なのは予約・購入などの一部分なので、他のページは必要ないのでは?と思うかもしれません。
実際に数年前は通信に関するページのみをSSL化し、それ以外はhttpのまま運用しているWebサイトがほとんどでした。
しかし、個人情報をやり取りするページ以外でも正当性を証明する必要が出てきたため、現在ではすべてのページをSSL化する方が良いとされています。

具体的に常時SSLが必要となるケース

Webサイトやサービスなどで有名なのが「なりすまし」です。本物そっくりに作ったページに誘導し、不正に情報を入手しようとするページのことで「フィッシング詐欺」とも呼ばれます。SSLは真正性が証明されたサイトにしか発行できないため、こういった不正行為ができません。
安心してアクセスできるサイトとして、ユーザーからも認識してもらうことができます。
その他、暗号化されていないWi-Fi通信の脅威を排除したり、通信データが改ざんされていないかを検知したりすることもできます。

SSLにすることで得られるユーザーと企業のメリット

ユーザーはSSL化されているWebサイトにアクセスすることで「安心・安全」というメリットを得ることができます。
情報漏えいやウィルス感染などの脅威がないというだけで「まさか」の事態を防げるようになります。同じようなサービスがあった場合、知識のある人であればSSL化されているサイトを選んで使用する可能性が高くなるのではないでしょうか。

一方、企業側がSSLを導入する理由はメリットというよりはリスク管理が主な理由です。
利用者の情報が漏えいするだけで倒産の危機にまで発展し得る大問題となってしまうこともある時代。WebサイトをSSL化しておくだけで不足の事態を防げるのであれば、対応しておかない手はないでしょう。その上、ユーザーが安心してアクセスでき、アクセスが向上する可能性があるとなれば、Webサイトリニューアルのタイミングで導入しない理由はありません。

SSLはSEOにも効果がある?

よく、SSLにすればSEO的にも効果があり、順位が上がるという言葉を耳にします。ただ、実際のところ、GoogleがSSL化されているかどうかを理由に順位を変動させていることは考えにくいです。では、SEOにまったく影響しないのかというとケースによってはそうも言いきれません。

例えば、予約などのフォームがあるにもかかわらずSSL化されていないWebサイトには警告が出るようになっています。GoogleChromeでは、SSL化されていないサイトのURLの前に「保護されていない通信」と赤字で警告が出るようになっています。
「このサイトは安全ではないのでアクセスしない方が良い」と書かれたサイトが出てきてそのまま離脱した経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

そもそもアクセスされない。アクセスされても一部のユーザーは離脱してしまう。となれば、順位が下がってしまう可能性が高くなります。
SSLにすれば順位が上がるのではなく、SSLにしなかった場合順位が下がってしまう可能性があるという認識の方が正しいかもしれません。

リニューアル時の常時SSL化はコスパにも影響

現在運用しているWebサイトをSSL化するためにはかなりの作業が伴います。しかし、リニューアルのタイミングであれば最初からSSLに対応したWebサイトを作るので「制作会社の作業の手間」を省くことができます。これがそのまま支払う金額に影響してくるのは言うまでもありません。

現行のWebサイトをSSL化する場合、通常数十万円の支払いが発生します。一方、ニューアルのタイミングであれば多少の金額の上乗せはあるかもしれませんが、一度作ったものをやり直すことで発生する手間賃はありません。
つまり、リニューアルのタイミングで常時SSLを一緒にやってしまうのが効率的にもコスパ的にもベストなのです。

おすすめするのは常時SSL

glowでは、Webサイトリニューアルの際に常時SSLの導入をおすすめしています。
理由は単純で、リスクを背負い、SEOにも影響する可能性があるにもかかわらずSSL化しない意味がないからです。
レンタルサーバーによってはSSL化を無料で対応してくれる場合もあります。
ネックとなっているポイントなどがあればお気軽にご相談ください。

この事業についてもっと詳しく知りたい方は、

Webサイト制作へ