ワードプレスのテンプレート使ってる?知識0でもレスポンシブHPが作れる!

こちらをご覧の方は「ワードプレス(WordPress)」という言葉を目にしたことがあるはず。
今や企業から一般ユーザーまで多くのWebサイトで導入されているワードプレス。
「なんでそんなに人気なの?」
「他のサイトと何が違うの?」
と疑問に思いますよね。

レスポンシブ対応やスマホ対応で「Webサイトを制作・リニューアルしたい!」と考えている方にとってワードプレスは必ず検討すべきです。
では、具体的に何が違うのか、どんなメリットがあるのか、コスト削減に繋がるのか、といった気になる内容を詳しくご紹介します。
自社サイトを使ってもっと集客したい!」と考えている方はぜひご覧ください。

ワードプレスって何?

ひと言で言うなら、

ネット上でブログが書ける無料ソフト
です。

ブログサイトとワードプレスの違い

Amebaやライブドア、FC2などが運営しているいわゆる無料ブログと違う点は、独立したドメインで立ち上げることが可能なことです。

  • 無料ブログは簡単に始められるけれどブログを書く以外のサービスがない
  • ワードプレスは立ち上げまでが大変だけど、ブログ以外の機能が充実している

両者の違いを簡単に言うと、上記になります。
無料ブログはサービスの運営会社がブログを管理し、アカウントを作ってサービスの中でブログを書いていくため、サーバーやドメインを自由に設定することができません。
そのため、自社でブログを書こうとすると、別のURLで設定してあるブログのページに遷移させることになります。
一方、ワードプレスは独自のドメインで運用が可能なため、自社で運用しているドメインのディレクトリ内に取り入れることが可能です。

Webサイトの制作でもワードプレスの需要が拡大

ワードプレスはブログ以外にもさまざまな機能を備えています。

  • テーマと呼ばれるテンプレートを使ってデザインを着せ替えできる
  • HTMLやCSSを使わずにページを制作できる
  • ブログに紐づく独立したページを制作できる
  • 拡張機能が充実していて、自由にカスタマイズができる

上記4つのポイントを総括すると、テンプレートを使ってデザインを調整し、ブログも含めたページを自由に作成できることがわかります。
そのため、「専門知識がなくてもWebサイトの運用ができる」という利点があります。

ワードプレスが持つ最大のメリット

制作会社に依頼したWebサイトは、メンテナンスに毎月費用がかかります。
費用の中には通常定期更新も含まれていますが「月一回。○ページまで」といった条件があり、回数が増えたり、制作するページ数や修正内容が多かったりすると追加で料金がかかってしまう場合がほとんどです。

一方、ワードプレスは登録や文字修正など「ブログ感覚でできる簡単な内容」は自社で対応ができます。そのため、価格や電話番号の変更、急なイベントの案内など、今すぐに対応したい内容を制作会社に頼らなくてもすぐに更新できます

ソフトもテンプレートも両方無料?

ワードプレス自体は無料で手に入る上、テーマと呼ばれている着せ替え用のテンプレートも数多く無料配布されています。
そのため、知識があればHTMLやCSSが書けなくても、個人でサーバーを借り、ドメインを取得するだけで安価に自社サイトを公開することが可能です。
使用できるテンプレートは無料のものも数多く存在しているほか、世界中のエンジニアが自作したテーマも日々増え続けています。

オリジナルのテンプレートに着せ替えも可能

ワードプレスのテンプレートには、管理画面から選んでダウンロードできる無料のものに加え、直接アップロードできる機能も搭載されています。
そのため、外部から有料で購入したり、制作会社に依頼してオリジナルのテンプレートを作ってもらったりして、ワードプレスにアップロードすることが可能になります。
制作会社の中にはワードプレスのテーマを有料販売している企業もあります。

有料のテンプレートを使うメリット

有料テーマと無料テーマの大きな違いはデザイン性と使い勝手、そして、メンテナンスの早さです。
特に日本の企業が制作したものは日本語の説明書があるので、たとえまったく同じだったとしても海外で制作されたものに比べて使い勝手が良いのは言うまでもありません。
機能も無料のものに比べて充実していることが多く、不明点や不具合などは制作会社に問い合わせることもできます。
不具合の相談もできますし、定期的に修正やバージョンアップもされるので運用面でも安心と言えます。

企業で運用するサイトには有料テーマがおすすめ

上記のメリット以外にも、無料テーマだと運営元が不具合などに必ず対応してくれるという保証がないというデメリットがあります。
ワードプレス自体にもバージョンアップがあり、場合によってはテーマがうまく機能しなくまってしまうこともあるため、サイトのメンテナンスは重要なポイントのひとつ。
企業が運用するのであれば、有料のテーマを使用する方が安心できます。

ワードプレスがSEOにも強いって本当?

ワードプレスがSEOに強いというのは、SEOの専門家だけでなく、グーグルの検索エンジン開発責任者すらも認めています。
ただし、ワードプレスを使ったからといって何もしなくてもすべてのWebサイトの評価がどんどん上がっていくということではありません。

ページの修正ができることが検索エンジン対策に繋がる?

ワードプレスを使うと自社で容易にページ作成が可能になるため、ブログだけでなく自社で取り扱っている商品や定期で開催されているイベントなど、HTMLのサイトでは「作成ページ数の増加による金額アップ」で手が出ない「ページの量産」が簡単にできます。
そのため、ユーザーが多くの情報を獲得しやすい充実したサイトが作りやすくなります。

「作って終わり」ではなく、「どんどん作る」「作ったあとで修正する」といった運用ができるため、ページの加筆修正を繰り返しながらサイトを改善し、SEOの評価を上げていくことが可能になります。

検索順位が上がればより多くの人がサイトに訪れる

SEOの評価が上がれば検索順位が上昇します
ユーザーは検索時に順位が高いサイトを優先的に閲覧していく可能性が高いため、訪問するユーザーの増加に繋がります。
つまり、SEO的に評価が高いほどユーザーが多く訪れるWebサイトになりやすく、売り上げにも繋がりやすいことになります。

もちろん、ワードプレスでなくてもSEOで評価が高いサイトはたくさんありますが、制作した時点で100%完璧な状態にすることは難しく、何度も修正やページの追加をしていくことでSEOの評価を上げていく方が現実的と言えるでしょう。

ワードプレスでオリジナルのWebサイトを制作

ワードプレスとHTMLのサイトでは、完成した時の見た目は全く同じでも、開発は内容がまったく異なります。
ワードプレスでオリジナルのWebサイトを作る場合、テーマと呼ばれるテンプレートを開発する必要があります。
これには、単純にホームページを作るよりも専門知識や作業時間を必要とするため、費用が高くなる場合が多いです。

そのため「無料テーマを使う」「有料テーマで済ませる」という選択肢になりがちですが、オリジナルテーマのメリットはデザインが良くなるだけではありません。

オリジナルテーマで時短に繋げる

HTMLのサイトでは「お金をかけなければできない」ページの量産がワードプレスによって「自社の運用でできる」ようになったのは大きな進歩ですが、量産するページを一から「作る」のは非効率で、時間もかかります。
例えば、統一されたフォーマットを各ページにコピーし、必要な内容に差し替えていく場合と、入力フォームが用意されていて、必要事項を入力するだけで完成形のページが出来上がるのとでは、後者の方が圧倒的に早くて確実なのは誰もがイメージできるでしょう。

運用コストの削減にも繋げられる

例えば、有料・無料テーマだと2人がかりでやらなければならないものが、オリジナルのテンプレートで入力フォームを用意すれば2倍の早さで仕事ができるとします。
仕事を1人で完結させられ、その結果1ヵ月の人件費が10万円カットできるとすれば、開発に120万円かけたとしても翌年からは経費が削減できることになります。
その上、オリジナルテーマの方がデザインもユーザビリティも良く、メンテナンスもしっかりしているとなれば、選択の余地はありません。

制作だけでなく運用も考えて戦略を練りませんか?

Webも含めたデジタルマーケティングがどんどん主流になっていっている昨今、「ホームページはとりあえずあれば良い」という考え方ではなかなか生き抜くことができなくなっています。
自社サービスを「何を使って、どのように広めていくのか」を運用面も含めて考えることで、より大きな成果を効率的に生み出していくことができるかもしれません。

まずは一度、Webサイトを使って自社の何を広めていきたいのかをしっかりと考えていきましょう。

この事業についてもっと詳しく知りたい方は、

Webサイト制作へ