ランディングページとは?成約率アップに繋がる理由がこれで分かる!

ランディングページ・LP(エルピー)とは、Webサイトを訪れた時「最初に開くページ」のことです。

  • Googleの検索結果から目的に見合ったページをクリックし、開いたページ
  • SNSで書かれている気になる記事のURLをクリックして開いたページ
  • 広告バナーや動画広告の「詳しくはこちら」などをクリックし、開いたページ
  • メールマガジンで届いた気になる情報のリンクから開いた最初のページ

これらはすべて「ランディングページ」です。
しかし、Web戦略におけるランディングページは、上記とは別の意図で用いられ、サイト内でも非常に重要な役割を担っています
「他社で売り上げが急に上がりだした」というケースも、調べてみたらランディングページが大きく影響しているかも!?
まずはその特徴や考え方をしっかりと把握しておきましょう。

Web戦略におけるランディングページ

一般的にWeb戦略に用いられる場合は「商品やサービスの購入や予約を促すために構成された売り込み型のWebページ」を指します。
そのため、Webの運用や戦略で「ランディングページ」もしくは「LP(エルピー)」と言われたら後者のことだと思ってほぼ間違いないでしょう。

ランディングページの役割

本来「最初に訪れたページ」のことをランディングページと呼ぶのに、なぜ別の意図で用いられているのか。
その理由は「Web広告」や「メールマガジン」のように、場合によってクリックされた時点である程度商品・サービスのことを理解した上で、購入の可能性を持った人が訪れているページがあるからです。

例えば“自ら「話を聞きたい」と言って電話をしてきたような、見込みの高いお客様には取りこぼさないようにベテランの営業マンを行かせる”といった対策は、どんな企業様も考えられているのではないでしょうか。
ランディングページもこれと同じで見込みの高いお客様が訪れているページなので、商品・サービスに特化した説明ページを設けてダイレクトに成約へと持っていくという手法がとられています。

ランディングページが有効な理由

Webでは、探す、考える、ページ遷移など、1秒にも満たないほんの一瞬の空白によって離脱が発生してしまう可能性があります。
特に「面倒なこと」に対してユーザーはストレスを感じるので注意が必要です。

  • 商品広告をクリックしたのにTOPページに遷移した。商品を探すのが面倒
  • 遷移したページにパッと見目的のものが見当たらない。探すのが面倒
  • 説明が難しい。調べるのも考えるのも面倒

こういったケースは散見されていて、実際には目の前にクリックボタンがあるのに「押すのが面倒だから」とページを閉じられてしまうことすらあります。
だからこそ「開いた最初のページできちんと専用のページを作っておく」必要があるのです。

そんな人がLPを開いても成約しないのでは?

そんな面倒くさがりなユーザーは商品・サービスの購入や成約に至るはずがないので考える必要ないのでは?と思った場合は一度思い返してみてください。
最初はそんな気がなかったのに気がつけば買っていた」という経験はありませんか?
また、「ジョギングをするのに着替えるのが面倒で、なかなか重い腰が上がらなかったけれど、いざ着替えて外に出たらけっこういい感じに走れた」といった覚えはありませんか?
ランディングページが狙っているのはまさにこれです。

購入・成約の取りこぼしをいかに少なくするかが重要

どんな商品やサービスでも、購買意欲の高いユーザーは探してでも目的のページに到達し、購入・成約をしてくれるはずなのです。
しかし、すべてのユーザーが購買意欲が高く、探してでも購入に至る人ばかりではありません。むしろ、こういったユーザーは少数派だと考えるべきでしょう。
多くの場合、ページのデザインや構成によって「めんどくさい案件が発生した場合」離脱してしまう可能性があり、発生しなかった場合に限って購入を真剣に検討してくれるというわけです。

見込みの高いユーザーを集客できるツール

ランディングページにおいて「見込みのユーザー」を集める場合に用いられるのは「Web広告」「メルマガ」などです。
例えばWeb広告では、多くの人の目に付く場所でバナーや動画広告を用い、何を扱っていて、どういったものを提供しているのかをビジュアルによって伝えておくことが可能です。
その上で、クリックをしてランディングしたユーザーであれば、一定の興味を持って訪れていることは間違いありません。

一方、メルマガの場合、ほとんどが「会員」という、一度自社の商品・サービスを利用したことがあるユーザーに対してアプローチします。
既に勝手が分かっていて、ある程度の満足度が得られることも知っている人がメールを読み、その上でアクセスしてきたとすれば、かなり高い興味を持っているはずです。
他にも、SNSの投稿や集客力のあるサイトでのバナー広告など、見込みの高いユーザーを集客できている場合はランディングページを作ることでより高い効果に繋げられる可能性があります。

ランディングページは自分たちでも作れる?

もし、制作会社がすべてのWebサイトを管理している場合は自社でランディングページを制作することは難しいでしょう。
しかし、WordPressをはじめとするCMSでWebサイトを制作している場合や、ある程度自社で管理できるツールを使っている場合は自分たちでも作ることが可能です。
下記のいずれかに当てはまる場合は制作を検討してみると良いでしょう。

  • ワードプレスを使っている
  • 自作は難しいけれどテンプレートを使えば対応できる
  • ホームページの制作ソフトを使っている
  • Webサービスなどのツールでホームページを管理している

ワードプレスを使っている

ワードプレスを使っている場合「固定ページ」などを使えばある程度商品・サービスの説明に特化したページを制作することは可能です。
ただし、デザインがかなり淡白なものになってしまうほか、テーマによって変えられない部分も出てくるため注意が必要です。
LPのデザインが最初から視野に入っている場合、LPの制作ができるテーマを使っておくと良いかもしれません。

テンプレートを使用する

HTMLを自分で書くほどの知識はないけれど、ある程度制作済みのものがあればそれをカスタマイズしてサーバーにアップする技術はあるという場合はテンプレートがおすすめです。
ただし、Webサイトの制作も含め、かなり専門的な知識を必要とするためあまり自信がない場合はおすすめできません。
自社に開発のチームがいらっしゃる場合や、制作会社との間でコスト削減の目的も含めてテンプレートを活用するのであれば協議の上、検討しても良いでしょう。

ホームページ制作ソフトを使用している

ホームページビルダーなどの制作ソフトを使用している場合、ランディングページの作成は不可能ではありませんが、使用しているソフトにも依存するようです。
プロ向けのものや初心者向けのものなど、制作ソフトと言ってもさまざまなものがあるため「誰でも簡単に」できるかどうかはソフトによって変わりますが、すでにそれを使ってホームページを制作しているのであれば特に問題なくページを増やすことが可能です。

Webサービスのホームページ制作ツールを使用している

無料でWebサイトが作れるホームページ制作ツールを使用している場合も簡単に制作が可能です。
多くの場合、サービス内にランディングページのテンプレートが用意されているので、好みのものを選んで構成していくだけで簡単に制作が可能です。
サービスの範囲内での構成にはなりますが、自由度もかなり高いので初めての人でも簡単に編集できるはずです。

ランディングページだけに許される裏ワザ

検索を意識したページと違い、ランディングページはある程度訪れるユーザーの見込みが立っているページです。
もし、検索にHitさせることを考えないのであれば、サイトのほとんどを「画像で貼り付ける」という裏ワザがあります。

画像にすれば、HTMLでは構成できないデザインを実現でき、思い通りのデザインにすることが可能です。
ただし、PC用に構築した画像をそのまま縮小させてスマートフォンで閲覧すると文字が小さすぎて読めないといった現象が起きてくるので注意が必要です。

デバイスの比率を考えたレスポンシブ対応

ランディングページと言えどスマホ対応は必須です。
多くの場合レスポンシブWebデザインを採用するはずですが「PCとスマートフォン、どちらのユーザーが多く、どのデバイスで分かりやすいWebサイトにするのか」を事前に検討することを忘れないようにしましょう。
その上で、スマートフォン、もしくはパソコンのデザインをベースにレスポンシブ対応していくことでより効果の高いページにすることが可能となります。

ランディングページの費用

ランディングページを制作会社に依頼する場合、商品・サービスの魅力を紹介しながら説得力のあるページ構成にしていくため一定の費用がかかります。
もちろん、その分結果に繋げるための施策や成約に至るまでの動線などを考えて構築されています。
自分でやってみたけれどなかなか結果に繋がらない。
「どうすれば成約に繋がるランディングページを制作できるのか知りたい」といった場合はご相談ください。

この事業についてもっと詳しく知りたい方は、

ランディングページ制作