ランディングページの作り方。7つの構成要素が持つ役割を徹底解説

Web戦略の中でSEOに加えて広告やメールマガジンなどを取り入れる企業が増えてきています。
そのため「ランディングページ(LP)」の重要性も増しています。
実際に、自社でも、同業他社でも、広告やランディングページなどを取り入れている機会が増えているのではないでしょうか?

ただ、実際にやってみるとそう簡単に反響の出るランディングページなんて作れるものではありません
現に「どうすれば反響の出るページ構成にできるのか」と、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
ランディングページを作成するには、押さえておかなければならないポイントや、考え方があり、見当違いのことをしていては絶対に反響が出ません

今回は、ランディングページの制作者だけでなく、Web担当者を含めた企画側の方々にも為になる内容となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

ランディングページの構成要素

ランディングページに必要な項目は大きく分けると7つあります。

  • 離脱を防ぐキャッチコピー
  • 共感させる導入
  • イメージさせる商品・サービスの紹介
  • メリットが伝わる詳細説明
  • 安心させるお客様の声
  • 差別化を伝える類似品との違い
  • 分かりやすいアクション

キャッチコピーが離脱を防ぐ大きなカギ

キャッチコピーの役割は大きく分けてふたつあります。
ひとつはユーザーの関心ごとを的確に指摘し、「この記事を読まなければならない」と思わせること。
インパクトのある言い回しなども使いながら悩みや課題について触れることが重要です。

もうひとつは「正しいページにアクセスした」ことを理解してもらうことです。
ランディングページは広告バナーやメルマガなどをクリックしてアクセスしてくるため、内容が大きく違うと「間違ったページにアクセスした」と思われ、離脱してしまうことがあります。
Web広告やメールマガジンなどで「すでに興味を抱いている人」が訪れるランディングページでは、そのイメージを損なわないようにすることが大切です。

導入部分の「共感」が読んでもらえるかを決める

興味のある内容のページにアクセスし、その記事を読む必要性がキャッチコピーで伝わったらつかみはOK。
ですが、いきなり本題に入るべきではありません
まずは導入部分でアクセスしてきたユーザーとちょっとした対話をしましょう。

対話というのは、キャッチコピーでも触れた「悩みや課題」に関する内容についてです。
問いかけるようなカタチで「そうそう。確かに。私もそう思う」といった感じで、相槌を打てるように、そして、必ずYesと答える内容を投げかけましょう。

「具体的にどんな感じにすれば良いの?」
「例文とかってないの?」
という方は、この記事の冒頭部分をもう一度チェックしてみてください。
ランディングページの作り方について悩んでいる方であれば、誰だって「Yes」と答えるのでは?という問いかけが並んでいることに気づくはずです。

商品やサービスの説明は「想像させること」が大切

共感がある程度得られたらいよいよ本題です。
あなたのお悩みを解決する商品がこちらです」といった具合に、ピンチを救うヒーローのようなカタチで登場してきます。

どんなものなのか、イメージしやすいように作ることがポイント。
すでに抱えている悩みに対し、どう解決するのか。
可能であれば、問題を解決できる根拠なども詳しく紹介すればより説得力が増します。

メリットを伝えながら未来をイメージさせる

説明が終わったら、商品、サービスを使った姿を具体的にイメージしてもらいましょう。
実際に商品を使った方の「before」「after」ではなく、記事を読んでいるユーザーが使ってみた自分を思い浮かべ、理想的な結果を得られるようイメージさせることでさらに信頼度がアップします。

飾った言い回しで虚偽や誇張をする必要はありません。
メリットをしっかりと伝えることで「今よりも良い未来を手に入れられる」ことを理解してもらいましょう。

重要なのはユーザーにどれだけ「気づき」を与えられるか。
そのためにも、1つやふたつではなくできるだけ数多くの内容を用いてメリットを伝えましょう。

お客様の声で不安を解消しよう

メリットを数多くそろえ、良いことばかりを伝えていると、ユーザーはだんだん不安になってきます
「そんなにうまい話はない」
「きっとうまくいかない」
「宣伝・広告だからそう言っているだけだ」
そんな思いを抱いたことは誰にだってあるはずです。

代価を支払って購入するものであれば、その金額が高ければ高いほど「うまいことを言って丸め込もうとしているのでは?」というマイナスの気持ちが自然と生まれてきます。
これをうまく解消できるのが「第三者の声」です。

ランディングページの説明はあくまでもお店側の営業トーク。
対して、実際に利用した人の声は知らない誰かが実際に利用した結果です。
ここでいう「お客様」は発信側よりもユーザーに近い立場からの声なので、信憑性があればより高い安心感を得られるようになります。

類似品とは違う差別化のポイントを紹介

お客様の声までしっかりと確認してくれたユーザーは、かなりランディングページで紹介している商品やサービスを信頼してくれているはずです。
最後に差別化できる「他にはない差別化ポイント」を紹介し、購入を後押ししましょう。

ここまで信用してくれていれば成約してくれるのでは?
と思う方も多いかもしれませんが、類似商品があれば多くのユーザーが「比較検討」しながら最も良いものを選びます。
提案しているのが唯一無二のものであれば必要がないかもしれません。
しかし、他社にも似たような商品がある場合は要注意です。

なぜなら、広告を払い、ユーザーにきっかけを与え、その気にさせてあと一歩で購入というところまで話を進めたのに、最後の最後で他社の売り上げに貢献してしまう可能性が否定できないからです。
ユーザーは簡単に「こっちの方がいいじゃん」と、他社商品を購入してしまいます。
だからこそ、最後まで気を抜かず、比較検討してもこれ以上良いものはないということをアピールする必要があるのです。

最後のアクションで気を抜かない!

最後は電話やお問い合わせ、購入などのコンバージョンです。
成約まで完了してもらってこそ、ランディングページが「役割を果たした」と言えます。
間違っても「どうやって買えば良いのかわからない」というような自体だけは避けましょう。

鉄は熱いうちに打てということわざがあるように、ユーザーが熱があるうちに最後のアクションを完了させてもらえるのが理想です。
なぜなら、時間がたてばたつほど熱が冷め、感情や欲求が薄れてしまうからです。

ほしいとき、絶妙なタイミングで「お電話はこちら」などのコンバージョンボタンがあることが理想。
文字の大きさや色使いによっても成約率が変わってくることがあるので、いろいろとテストをしてみるのも良いかもしれません。

作って終わりではなくしっかり検証を

いかがでしたか?
今回はランディングページの作り方、構成要素やその役割についてご紹介しました。

購入してもらえれば絶対に満足してもらえる。
そんな商品でも、なかなか売れない場合も少なくありません。
もしかすると商品ではなく、説明の仕方、売り込み方が悪いのかもしれません。
ランディングページを見直して、ユーザーにしっかりと魅力が伝わるページを作成してください。

この事業についてもっと詳しく知りたい方は、

ランディングページ制作