ワードプレスでLPを作れるプラグイン「Elementor」の使い方をご紹介!

近年、WordPress(ワードプレス)でWebサイトを制作している企業様が増えてきています。
この流れはWeb検索が大きな情報収拾源となっている限り今後も続いていくでしょう。

ただ、ランディングページの制作に困ってしまうことがあります。
なぜなら、WordPressは自分で自由にページを制作することができる非常に便利なツールですが、ある程度デザインされたページが用意されているためランディングページのようにページをフルにデザインしたい時には障害となってしまうからです。

「ランディングページを作ろうとしても最初の画面にインパクトが出せない」
「メニューバーや関連記事などが入ってしまうので削除したい」
「ブログと見た目が変わらないので、あまり特別感がない」

といった理由で「ランディングページの制作が思い通りにいかない」とお困りの方も少なくないはずです。
けれど、今からランディングページが作成できるテーマに変更するのはWebサイトを作り直すのと同じくらいの労力がかかりますし、リスクも大きいです。

そこで役に立ってくれるのが「ランディングページを作れるプラグイン」です。

ランディングページを制作できるプラグイン

プラグインというのはワードプレス内に搭載された拡張機能です。
取り入れることで、テーマにプラスしてさまざまな機能を追加することが可能になる便利な機能で、無料で使用できるものも多くあります。
利便性が向上したり、できなかったものができるようになったりするのであれば使わない手はありませんよね。

使用するときに注意しなければならないのは1点だけ。

ごく稀に、プラグインが原因でWebサイトがバグることがあります。
これは、テーマを作った人とプラグインを作った人が違うため、意思の疎通がとれておらず起きてしまう事故のようなもの。
プラグインはデータを上書きしたり、内容を書き換えたりするようなものではないので「使用のONとOFFを切り替えるだけで簡単につけたり外したりできる」便利な仕様になっています。
もし、サイトの表示が崩れてしまったり、動いていたものが動かなくなってしまった時は速やかにプラグインを停止してください。

プラグインから「Elementor」を追加

では、早速プラグインを追加してみましょう。
使用するのは「Elementor」というプラグインです
 


●プラグインからElementorを追加する手順

  1. まずはWordPressの管理画面の「プラグイン」から「新規追加」をクリック
  2. 右上にある検索機能に「Elementor」と入力し、プラグインを検索
  3. 「Elementor Page Builder」の右上にある「今すぐインストール」をクリック
  4. インストール完了後、ボタンが「有効化」に変わるので、そのままクリック


プラグインを追加した後は、すぐに作業を進めずにWebサイトにバグが出ていないことをひと通り確認してみましょう。
※公開中にバグが出ると閲覧者に支障が出てしまうため、可能であればテスト環境を用意しておくことをおすすめします。

投稿・固定ページに「Elementorで編集」というボタンが追加される


Elementorのプラグインをインストールすると、投稿ページと固定ページの編集画面に「Elementorで編集」というボタンが追加されます。
クリックすればElementorの編集画面に遷移します。
クリックしなければ今まで通りWordPressの編集機能を使うことができるので、今まで通りの方法で編集することも可能です。

「いつも使っているWordPressの編集画面の方が使いやすい」
「他のページビルダーを使っているからまっさらなページだけほしい」
「デザインされた画像を貼っていくだけなのでデザインはあまり必要ない」

という方は、ランディングページを作る時のみ、Elementorで編集するようにしましょう。

設定を変更することでまっさらなページレイアウトに

Elementorで編集をクリックすると、編集画面が開きます。
ランディングページを制作する場合は、基本的に固定ページで制作するのがおすすめです。

ボタンを押した直後に、右側にページのレイアウト、左側にアイコンが並んだページが表示されます。
この状態では、通常の投稿画面を直感的に編集できるだけの機能に過ぎません。

左下にある歯車アイコンを押し、ページレイアウトを「Elementorキャンバス」に変更してください。
すると、メニューバーを含めたヘッダーやフッターがすべて削除され、まっさらなページができあがります。

あとは自由にページを構成していくだけ


カンバスが変更できたら、あとは自由にページを変更していくだけでOKです。
文章や画像、Googleマップやリスト、ボタンなど、さまざまなものを取り入れながらページを構成していきましょう。

画面左側にあるアイコンの表示されたパーツを「ウィジェットをここにドラッグ」と書かれているあたりに移動させれば編集画面が開きます。

デザインのテンプレートもあり


自分でレイアウトを組んでいく以外に、あらかじめデザインされたテンプレートを使ってページを構成することも可能です。
もちろん、テンプレートを設定した後にデザイン変更することも可能。
ただし、テンプレートの大半は有料版向けのものなので、無料版だと使えるものが制限されます。

プラグインにもWordPressの機能にも限界がある

文字の大きさや色を変えたり、さまざまな装飾をしたりとかなり幅広い機能を搭載しています。
無料で使えるプラグインとしては、ここまで幅広く対応できるものはなかなかないかもしれません。

ただし、Elementor自体は、ランディングページが簡単に作れるプラグインなので、デザイナーが作るようなハイセンスなページが制作できるわけではありません
もっと幅広い機能を使いたい場合は有料版にバージョンアップするしかなさそうです。
とは言え、有料にしたからといって何でもできるわけではなく、使えるテンプレートが増えたり、CSSをカスタムできたりと幅が広がる程度のようです。

有料版のプラグインなら他にもアリ

ランディングページを制作するために使える「有料」のプラグインなら「Danganページビルダー」も便利です。
ページレイアウトをスムーズにできるほか、便利な機能も数多く備えています。
何より企業が運営している有料のサービスなので、ワードプレスのバージョンアップが入った場合などもスムーズに対応してくれ、バグが出たまま放置されるようなことはまずありません。

企業がビジネスとして運用しているため、「責任をもって管理してくれる」という意味では、無料版よりも有料版の方が安心して活用できるかもしれません。
価格もそれほど高いものではないので、頻繁にランディングページを制作する機会がある場合は考えても良いでしょう。

最終的に「ホンキ」で効果を出したいなら制作会社に依頼する

こだわろうと思えば思うほど「もっとこうしたい」に対応できないのがWordPressです。
テンプレートを組み合わせてそれっぽく見せることはできても、できることに限界はあります。
そのため、本当にこだわってランディングページを作成したい場合は、制作会社に相談することをおすすめします。

制作費用は発生するけれど、効果に繋がるノウハウを持っていることもあり「売れるためのページレイアウト」を組んでくれることは間違いありません。

この事業についてもっと詳しく知りたい方は、

ランディングページ制作