ちょっと待った!LPのテンプレート購入前に知っておきたい7つの注意点

Webサイトにランディングページを作りたいけれど、そんな技術も予算もない。
そんな時には「テンプレート」を使うと便利ですよね。

「ランディングページ テンプレート」で検索すれば、大手のまとめサイトがたくさんもテンプレートを紹介してくれています。
実際に検討している方も少なくないのではないでしょうか。

HTMLやCSSの知識がなくてもランディングページが作れる
制作会社に依頼すればかなりお金がかかるため、大きなコストの削減に繋がる
といったうたい文句も決して間違いではないので、使い方によってはかなり強い味方になってくれるはずです。

ただ、取り入れる前に確認しておかなければならない点や、知っておかないと結果に繋がらないことなどがいくつかあります。
そこで、今回はHTMLやCSSなどの専門知識をそこまで持っていないWeb担当者向けに、ランディングページのテンプレートを購入する前に確認しておくべきことをご紹介します。
安いとは言っても無料ではないものも多いので、無駄な出費にしないためにも事前にしっかりと確認しておきましょう。

Webサイトの管理状況でも対応が変わる

まず、現在Webサイトを何で管理しているのかを確認しておきましょう。

  • 制作会社に依頼し、変更や修正もすべておまかせしている
  • 友人や知人、もしくは社内の専門知識を持っている人に依頼している
  • WordPressをはじめとするCMSを使っている
  • 専用のソフトやツールを使って管理している
  • あまり専門知識がないけれど自分で管理している

制作会社に依頼し、変更や修正もすべておまかせしている

まず、制作会社にWebサイトを管理してもらっている場合、ランディングページの公開も制作会社にお願いする必要があります。
そのため、あまりテンプレートを使うことはありません。
ただ、あまり予算が取れない場合、制作会社の方から「テンプレートを使って対応しませんか?」という提案がある可能性は否定できません。
いずれにしても制作のプロなので、おまかせしておいて問題はないでしょう。

友人や知人、もしくは社内の専門知識を持っている人に依頼している

身近な人や社内の専門部署などでWebサイトを管理している場合、テンプレートを使用するケースは少なくありません。
Web担当者の方から「テンプレートを使ってランディングページを作りたい」と相談すればきっと乗ってくれるはずです。
ただし、場合によっては制作会社に比べて知識や経験に不安がある場合もあるので注意が必要です。

テンプレートを使ってランディングページを作る場合、「自分でコーディングをしなくても良い」というだけで、実際にはある程度HTMLやCSSの知識を必要とします。
Webサイトの制作も同じくHTMLとCSSを使っているので基本的には大丈夫ですが、他人が作ったものを触る場合、自分とは違ったやり方をしていることも少なくありません。

ダウンロードしたテンプレートをまったくアレンジせずにそっくりそのまま使うのであれば大きな問題は起こらないかもしれませんが「コレはいらないから削除」「こことここは入れ替えて」といったことを指示した場合、パズルをするように簡単にはいかないということを覚えておいてください。

WordPressをはじめとするCMSを使っている

WordPressを使っている場合、管理画面からテンプレートを使ってページを作ることができません。
「サーバー側からテンプレートをアップし、サイトに連結させる」という技術を必要とします。
これは思っている以上に専門知識を必要とします。

WordPress内でランディングページを作りたい場合はプラグインを使って対応するのがおすすめです。
下記記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。
ワードプレスでLPを作れるプラグイン「Elementor」の使い方をご紹介!

専用のソフトやツールを使って管理している

専用のソフトやツールを使っている場合、ランディングページのテンプレートがサービス内に入っているケースも少なくありません。
外部からダウンロードしたテンプレートは使えない可能性も高いので、サービス内にあるテンプレートを活用するようにしましょう。

あまり専門知識がないけれど自分で管理している

テンプレートを使ってランディングページを作りたいと思っている方は、
「そこまで専門知識を持っていないけれど自分である程度管理をしている」
という方が最も多いかもしれません。

HTMLやCSSを勉強し、Webサイトのリリースまでできた方であれば、テンプレートを使ってランディングページを制作するのはそこまで難しいことではないでしょう。
しかし、あまり知識がないという場合であれば避けた方が無難かもしれません。
最初からデザインができているとは言え、テンプレートを使うためにはそれなりの知識が必要なので「何をどう調べれば必要な情報が得られるのか」という検索力が必要になります。

テンプレートのデザインにバナーのイメージを合わせよう

ディスプレイ広告やSNS広告など、ビジュアルで宣伝してランディングページへの集客を考えている場合「トンマナ」に配慮しましょう。
トンマナとは「トーン&マナー」の略で、デザインの一貫性のことを言います

例えば、フェラーリと聞くと、赤い車のイメージを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
では、仮にWeb広告でフェラーリのバナーがあり(大衆車ではないので絶対ありませんが)、自分の思い描くイメージとピッタリだったので興味を持って赤いバナーをクリックしたとしましょう。
ここで訪れたサイトが青や緑を中心に使ったサイトだったら「あれ?」と思いますよね。

バナーとその先にあるWebサイトのイメージが大きく異なると、イメージの違いが違和感に繋がってしまいます
テンプレートを使う場合、サイトのデザインは変更できないのでできる限りデザインに寄せて広告バナーのイメージを考えましょう。

テンプレートのデザインもトンマナを意識しよう

ランディングページとバナーの関係と同じように、商品・サービスのイメージとサイトのデザインも整合性が必要です。
ただデザインが気に入ったというだけでイメージとかけ離れたテンプレートを使うのはおすすめできません。
自分の好みではなく、ユーザーがどれだけ商品・サービスのことをイメージできるかに重点を置いて考えることをおすすめします。

海外のテンプレートには注意が必要

スタイリッシュで美しいデザインのテンプレートをそろえた海外のテンプレートサイトがありますが、ここにも落とし穴があります。
それは「英語ではなく日本語でランディングページを作る」ということ。
不思議なもので、文字が英語で書かれているだけでなんとなく格好良く見えてしまうことがあります。

「言葉を日本語に変えただけなのになんでだろう。すごくダサい」
とならないように注意しましょう。

パソコンで探す場合はスマホ画面も確認して

テンプレートなどは特に、パソコンを使った方が効率的に探すことができます。
これは、一度に閲覧できる数が多いため、不要なものは飛ばし、必要なものだけをチェックできるからです。
ただし、実際に閲覧するユーザーにスマホを使っている方が多い場合は特に、デモ画面でスマートフォンのデザインも確認しておきましょう。

もしかすると、スマートフォンのデザインは思っている以上にダサいかもしれません。
最悪の場合、レスポンシブデザインになっていない可能性だってないわけではありません。
後悔しないためにも、事前のチェックは怠らないことをおすすめします。

どこに、何を入れるかを具体的にしておこう

既にデザインができあがっているので、パッと見で「ここにあれも入れられる」「こんなこともできる」とイメージがわいてくるはず。
ただ、いざ実際に入れてみようとすると枠にうまくはまらなかったり、思っていた以上に入れる内容がなかったりします
頭の中で想像するだけでなく、ある程度具体的にどういった内容や写真を入れるのかをデモサイトを見ながら想像してみましょう。

できればテンプレートを使わない方がおすすめ

あたり前ですが、制作会社やプロにおまかせできるのであれば、少し費用がかかっても依頼することをおすすめします。
ランディングページは「成約率が高い場所」です。
そこにある程度の集客が見込めるとなればより売り上げに繋がるページにしておくべきです。

テンプレートのデザインがよほど商品やサービスと相性が良い場合を除き、テンプレートで一定の成約が獲得できるなら、専用のデザインを組めばそれ以上に結果が出る可能性が高まります。
内容にもよりますが、コストを削減した結果、本来獲得できるユーザーを取りこぼしてしまっては損しているのか得しているのか分かりません。

言葉、デザイン、ページ構成など、すべてを突き詰めていけばいくほど成約率は上昇します。
せっかくならより高い成果に繋げるためにも専用にデザインされたページを制作することをおすすめします。

この事業についてもっと詳しく知りたい方は、

ランディングページ制作