LP制作の優先順位。レスポンシブのメリットに潜む落とし穴とは?

ランディングページで成約率を上げるためには構成だけでなく見た目のデザインも重要な要素になってきますよね。
デザインとは、写真やイラスト、構成なども関係してきます。
でも、それだけではありません。

アピールしたいユーザーや流入手段によっては幅広いデバイスからの集客が考えられ、すべての閲覧者にページをキレイに見せる必要があります。
そこでレスポンシブWebデザインを採用するケースは少なくないでしょう。
レスポンシブについて詳しく知りたい方はレスポンシブ対応とは?メリット・デメリットと依頼するとき注意点をご覧ください。

今回のテーマは、ランディングページでレスポンシブWebデザインが必要となるケースとその考え方について。
制作会社サイドではなく、Web担当者が考えておくべきこと、知っておかなければならない知識を中心にご紹介します。

特に知らなくても「制作会社にお願いすればちゃんとやってくれる」「レスポンシブのテンプレートを使うから大丈夫」なんて思っていたら、後々痛い目にあうかもしれません。
これからランディングページの制作を考えている方は、ぜひ一度目を通しておいてください。

レスポンシブデザインのメリットを理解しよう

まずはレスポンシブWebデザインのメリットをおさらい。

  • コストが安い
  • デザインイメージを統一できる
  • メンテナンスがしやすい
  • アクセス解析がしやすい
  • URLが同じなのでリンクでユーザーを誘導しやすい

「コストが安い」の意味を考えよう

レスポンシブデザインのメリットは「コストが安い」ということですが、これはランディングページにおいては半分間違いです。
コストが安いというのは、パソコン用、スマホ用で別々にサイトを構成するのに比べ、1つのページで構成するため費用が安いということ。

Web広告をスマートフォンでしか出さない。
メルマガ会員は全員スマートフォンでしか閲覧していないのでパソコン用のデザインは必要ない。
企業用の広告なのでスマホでは閲覧されない。パソコン用のデザインだけで十分。

このように、閲覧ユーザーのデバイスに著しく偏りがある場合は、レスポンシブではなくデバイス特化型のデザインにした方がコストが安い上、より高い効果を生むことができます
Webサイトを構成する場合、ユーザーはさまざまな手段で流入するためなかなか特化型のデザインにすることはできません。
しかし、ランディングページでは、場合によって閲覧者のデバイスが大きく偏る可能性もあるので、流入手段に照らし合わせて考えておきましょう。

「デザインイメージ」のベースと考え方に注意

ランディングページは「ひとつのページで流入から成約まで完結」します。
そのため、他のページとのデザインの違いをそこまで深く考える必要はありません。
商品やサービスに特化した、デザインでページを構成していきましょう。

レスポンシブWebデザインは、パソコンとスマートフォン、それぞれのデバイスに合わせてひとつのデザインを調整し、違和感がないように見せています。
ここで注意しなければならないのは「デザインはひとつ」だということ。

「コストが安い」の説明で、ユーザーのデバイスに偏りがある場合は特化型にした方が良いというお話をしましたが、これはレスポンシブにする場合でも考える必要があります。
何故なら、両方のデバイスから流入が見込めるケースでも、ほとんどの場合パソコン50%、モバイル(スマートフォンとタブレット)50%にはならないからです。

閲覧するデバイスに6:4といった偏りがあるのであれば、数字が高い方をベースにデザインを組んでいくべきです。
スマートフォンの閲覧者が7割いるのであれば、スマートフォンをベースにデザインを組み、残り3割のパソコンユーザーのためにレスポンシブWebデザインを採用して対応する。
これが本来あるべきカタチです。

もともとWebサイトはパソコン用に組まれていて、後からスマートフォンが登場したため、パソコンのデザインをスマートフォンに対応させるためのものというイメージを抱いている方も少なくありません。
この固定概念は成果を出すのに邪魔なものです。
ベースをどちらに合わせてデザインを組むべきなのかをまずは考え、より効果の出るランディングページを作っていきましょう。

解析とメンテナンスは重要!

「メンテナンスしやすい」「アクセス解析がしやすい」というのは、あくまでもパソコン用、スマートフォン用に別々のデザインを組んだ時の例なので、ランディングぺージではあまり気にする必要はありません。
ランディングページは「見込みの高いユーザーが閲覧している」可能性が高いページです。

仮にWebサイトでランディングページの10倍閲覧者がいるページがあったとしても、実はそのほとんどが見込みの低いユーザーということが多いです。
そのため、ランディングページを改善した方が売り上げに直結しやすいことも少なくありません。
ランディングページを制作した直後は特に、予測していたデータとの相違点やユーザーの動向などを調査・分析し、改善していくことをおすすめします。

URLが同じなのでリンクでユーザーを誘導しやすい?

仮に、ランディングページにレスポンシブWebデザインを採用せず、パソコン用、スマートフォン用で特化型のページを制作した場合、URLがふたつできます。
それぞれにリダイレクト処理を施し、パソコン用サイトにモバイルユーザーが訪れた場合はスマートフォン用のページへと誘導するカタチになります。
ただ、リダイレクト処理はアクセスに少し時間がかかってしまうため、メルマガなどの案内では、できるだけそれぞれのページへ直接誘導した方が良いです。

その点、レスポンシブデザインはURLがひとつで済むので、ユーザーを誘導しやすいというのが本来のメリットなのですが、これはあくまでも「効率的」という理由です。
あまり考えすぎると成果を落としてしまう可能性があるので注意が必要です。

LPではレスポンシブデザイン以外の選択肢もアリ

レスポンシブWebデザインのメリットはすべて効率的でコストが安いという点です。
汎用性のあるWebサイト全体で考えると非常に有効なのですが、限られたユーザーに訴求するランディングページにおいては、必ずしも有用だとは言い切れません。

パソコンユーザーにはパソコン用の、スマートフォンユーザーにはスマートフォン用にデザインされたページを見せた方が高い効果が生める」という根拠があるのであれば、効率重視のレスポンシブデザインを採用する必要がありません

  1. 閲覧者がどちらかに著しく偏っている場合は特化型のデザインにする
  2. 閲覧するユーザーによってパソコン、スマートフォンのどちらをベースにデザインを組むかを考える
  3. 両方のデバイスで成果が出る可能性が高いのであれば両方を特化型のデザインにする

ランディングページを考える場合、レスポンシブWebデザインを採用するかどうかも含め、事前にユーザーを分析した上でページを考えていきましょう。

この事業についてもっと詳しく知りたい方は、

ランディングページ制作