SEO対策とは?アクセス数を右肩上がりにすれば成約数もアップする?

SEOは「Search Engine Optimization」の頭文字を取った略語のことで、「検索エンジン最適化」という意味です。

「やったことはなくても聞いたことはある」という方も増えているので、なんとなくWebサイトへの集客手段のひとつということは理解しているのではないでしょうか。
Web担当者であれば、本を買ったりインターネットで調べたりしながら少しずつ勉強しているという方もいらっしゃるかもしれません。

SEOに対する取り組み全般のことを「SEO対策」と呼びますが、実は、これにはさまざまな内容が含まれています。
有名な取り組みのひとつに「コンテンツマーケティング」や「外部リンク」などがありが、取り組む内容自体も大きく異なります。
そのため、インターネットの記事やSEOの専門書を読んでも「結局SEOって何なの?」ということがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はSEOの難しい説明は抜きにして「アクセス数を上げること」「Webサイトの集客に繋げること」に特化し、集客をアップさせるという観点からSEOとは何なのかを説明していきます。

Web担当者の方で
「SEO対策をすることでどんな利益があるのか」
「なぜSEOをしなければならないのか」
「自社でも取り入れる必要があるのか」

といったことも含めてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

SEO対策とは何なのか


検索エンジン最適化と言われてもいまいちパッとイメージできませんよね。
つまり、どういうこと?
と思ってしまう方も少なくないでしょう。

簡単に言ってしまえば、SEOとは、GoogleやYahoo!の検索で上位を獲得することを目的とした集客戦略のことです。

指名検索による集客は手詰まりになる

会社名、企業名、ショップ名、商品名など、名前で検索することを「指名検索」と呼びます。
当社は「株式会社glow」なので「glow」や「グロウ」といった名前に関連するワードはすべて指名検索ということになります。

多ければ多いほど知名度が高く、売り上げにも繋がるため、企業は指名検索をできるだけ多く獲得したいと考えています。
しかし、実は指名検索には大きな落とし穴があります。
それは「対象者がすでに商品やサービスのことを知ってい人に限られる」という点。
自分が指名検索をする時を思い返してみてください。

  1. 新聞の折り込み広告、雑誌、Web広告などを見て気になった
  2. SNSの情報や口コミで見かけた商品やサービスを調べた
  3. 何度か商品・サービスを利用したことがあり、また利用したいと思った
  4. 関係企業や身内などのWebサイトにアクセスしたい

おそらくこういった場合ではないでしょうか。

きっかけづくりの手段が限られているため数字が伸びにくい

指名検索に繋がるユーザーに「商品やサービスを知ってもらう」ためのきっかけづくりは広告によって作り出すか、SNSや口コミに頼ることになります。
この方法でどんどんWebサイトを訪れる人を増やしていくためには、お金や労力を使って露出を増やしながら認知度を上げていく必要があります。

それでも、「雑誌を見た」「新聞を見た」という問い合わせは一時的に増えるかもしれませんが、認知度が永遠に上がり続けるという状況にはなりにくいです。
理由は単純で「雑誌を見ている層」「新聞を見ている層」が大きく変化していないからです。
そのため、継続して広告を打ち続けている企業のほとんどが一年前も一年後も、ほとんどアクセス数が変わらないか、もしくは少しずつ集客が減少していることが多いのです。

Webサイトのアクセス数を調べてみよう

本当にそうなの?
と思っている方は、一度制作会社に問い合わせてみてください。
ほとんどの場合、Webサイトには「Googleアナリティクス」という解析ツールが導入されています。
そのため、いつでも自社サイトのアクセス数を知ることができます

制作会社に問い合わせてみれば、自社のWebサイトへのアクセス数がどれくらいあるのかを教えてくれるはずです。

一般検索の表示が勝負を分ける


例えば「ホームページを作ってくれる会社はないかな?」と思って検索する場合、GoogleやYahoo!を開き
「ホームページ制作 香川県」
と、単語を並べて検索する方が多いですよね。
指名検索以外の言葉による検索のことを「一般検索」と呼びます。

検索結果が表示されると、だいたいそのページに表示されている上からいくつかのWebサイトを開き、内容を吟味するという方が多いのではないでしょうか。
だから「検索された時、目に触れる場所に自社のWebサイトを表示させる」ことが、検索においては非常に重要になってきます。

もし、検索ユーザー全員が1位から5位までのWebサイトしかクリックしなければ、6位以下のサイトは永遠に比較検討に参加できません。
逆に、5位以内に表示させることさえできれば、常にユーザーの選択肢に入ることができるようになります。
だから、SEO対策によって検索上位を獲得することは、ユーザーの選択肢の中に入るための枠の奪い合いということになります。

検索上位と下位にはクリック率に差がある

実際にはそんな人ばかりではないと思うかもしれません。
事実、1ページ目の下位や2ページ目、3ページ目の情報も閲覧している人がいることは確かです。
しかし、それは「上位に求めている情報がなかったから仕方なくみているだけ」だと考えてください。
当然ですよね。調べて上の方に自分の知りたい情報があったなら、わざわざ下位の情報を調べる理由がありません

検索内容にもよりますが、多くの場合1位〜3位までを検索者の4割以上がクリックしている一方で、2ページ目をめくる人は10%にも満たないという調査情報もあります。
ちなみに、3割程度は「何もクリックしない人」がいるため、4位以下がクリックされる可能性は30%程度ということになります。
だから、狙って獲得できるのであれば、検索上位を取るということには大きな価値があるのです。

SEOが成功すればアクセス数が右肩上がりに

今まで指名検索でしか人が訪れていなかった場合、一般検索から流入が上乗せされればアクセス数が上昇します。
検索上位を獲得できるページが1つ、2つ、3つと増えていけば、その分アクセス数がどんどん上乗せされていきます。

一年前からまったくアクセス状況が変わらなかったのに、SEO対策をすれば自然検索からのアクセス数が、2倍、3倍になっていたということも珍しくありません。
現に、参考例として表示させているグーグルアナリティクスのグラフは2019年の1月から5月にかけてアクセスを3倍以上に伸ばしています。

成約数を上げるための対策は2パターンある

1ヶ月のアクセス数が100で、平均1件の成約があったとします。
もし、成約件数を2件に増やそうと思った場合、どうすれば良いですか?

この問いに、単純に数字だけで答えを出すと、現在0.1%の成約率を0.2%に上げるか、100のアクセスを200に伸ばすかのどちらかしかありません。

Webサイトにおいて、成約率を上昇させるということは「使い勝手を上げる」ことです。
「成約のボタンがわかりやすくなった」
「予約フォームが入力しやすくなった」
といった、構造的な対策が必要になります。
具体的にはWebサイトの改善やリニューアルということになります。

一方、アクセス数を上昇させるということは、Webサイトの露出を多くして「間口を広げる」ことと言えるでしょう。
ブログを書いたり必要なページを増やしたり、Web広告を出したりと、さまざまな取り組みがあります。
SEO対策もその一環で「検索に表示されやすいように狙ってページを作る」こともよく取り入れられている手法です。

アクセス数を上げる対策の方が安価で対応しやすい

SEOに本気で取り組もうと思ったら、自社で作成や更新などができるWebサイトが必要になります。
現状、ページの追加や修正は制作会社にお金を払って対応してもらうという企業がほとんどです。

そのため、安い金額でブログを導入し、ブログからの集客をWebサイトに繋げるという手法が用いられています。
これならWebサイトをリニューアルしなくてもできるため、大きな費用もかかりません

つまり、SEO対策は、今すぐ始められて、自分でもできる、アクセス数を増やせる数少ない手段のひとつなのです。
「できるだけお金をかけずに集客したい」
と考えている方は、ぜひこの機会にSEOについて学んでいきましょう。

この事業についてもっと詳しく知りたい方は、

SEO対策・サポート