SEO

Webサイトに関連する仕事をしていれば、SEOという言葉をよく耳にされるのではないでしょうか。
多くの方がSEOという言葉を使っていて、Webサイトにおいても重要な役割を担っていることはご存知の通りです。
ところで、SEOってなんのことで、具体的にはどういったことをするのか知っていますか?

SEOは検索エンジン最適化という意味

SEO「Search Engine Optimization」の頭文字を取った略語のことで、意味は「検索エンジン最適化」という意味です。
つまり、検索エンジンに対して、Webサイトの運用を合わせていき、商品やサービスをGoogleやYahoo!の検索クローラーに正しく理解してもらい、より多くの検索結果で露出させて行くための一連の取り組みのことを言います。

なぜSEOが必要なのか

企業がSEO対策をする目的は単純に「検索を使って自社の商品やサービスの認知や売り上げを目標達成させること」にあります。
KPIを設定する際に、Webサイトへの集客を「すべて広告で賄う」ようなことはまずありません。
なぜなら、どれだけ集客しても成約しないユーザーが多ければ、費用ばかりがかさんでしまい、費用対効果に合わないからです。

直接KGIに影響するような見込みの濃いユーザーへのアプローチであれば広告を打つことも必要でしょうが、見込みの薄い、潜在層に対するアプローチにまでお金をかけていては広告費だけでも莫大なコストが発生してしまいます。
そのため、見込みの薄いページへの集客は特に、できる限り検索を使い、費用をかけずにより多くのユーザーを獲得する「検索エンジンへの対策」をする必要があるのです。

具体的にどんな対策をするのか

SEOといってもその内容はさまざまです。
「設計」「技術」「マーケティング」など、さまざまな側面からサイトを改善していく必要があり「これをやっておけば間違いない」というものはありません。
もちろん、やっておいた方が良いと言われているSEO対策は多くあります。
ただし、中には本当はやってはいけないものもありますので注意してください。

テクニックによる対策、ブラックハットSEOとは

検索からアクセスを増やすことや、上位表示させることを突き詰めていくと「こうすれば上位になりやすい」という施策を取り入れ、本質的な対策ではなくテクニックを駆使した上位表示を実現させるためだけの対策に行きつくことがあります。
実際に、上位表示を目的とした「テクニック」こそがSEO対策だと思っている方も少なくないでしょう。

ただ、SEOは言葉の通り最適化であり、検索エンジンに分かりやすいようにWebサイトやページを構成していくことです。
システムの穴をつくような方法で、検索エンジンを欺き、不正によって価値が高いと見せかけるような対策はするべきではありません。
このような偽装工作のような対策のことを「ブラックハットSEO」と呼んでいます。

ブラックハットSEOは一時しのぎになる

例えば、ブラックハットSEOの最たる例として「被リンクの売買」というものがあります。
これは、集客力のあるWebサイトからリンクを購入し、自社のWebサイトに集客をするためにリンクを張ってもらうことです。
以前はこの被リンクが上位表示させる条件のひとつだったため、極めて有効な手段であり、実際に業者からリンクを購入し、上位表示をさせていたサイトも少なくありません。

しかし、現在では被リンクの影響はかなり限定的なものになっていて、ただ購入すれば成果につながるというものではなくなっています。
このように、技術やコストを駆使し、バレないように偽装をしても「ユーザーファーストでないもの」はすぐに対策が施されてしまうため、コストに対して得られる効果は薄いと言えます。
息の長いWebサイトにするためには、ブラックハットSEOではなく、正規の方法で上位表示を目指すことを考えましょう。

正しい対策によって得られる成果

SEOで得られる成果はブラックハットのように「バレたら終わり」というものでも、広告のように「期間限定」のものでもありません。
継続的に積み上げていくことによって、着実に成果へと結びついていくものです。

これは一定期間、glowのWebサイトにおける「検索による流入に限定した」アクセス推移です。
順調にアクセスを重ね、右肩上がりになっています。
そして、検索によって獲得したアクセスは広告と違い、対策を辞めても0にはなりません

SEOについて覚えておくべきこと

Webサイトはアクセス数=収益とはなりにくいことが多く、どんなに多くのアクセスを稼いでも「売り上げに繋がらない」という理由から対策に疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。
また、SEOは成果がでるまでに時間を必要とする「すぐに結果に結びつきにくい」対策でもあります。
そのため「コスト」とみなされ、対策を続けられないという企業もあります。

もちろん、キーワード検索による1ページ目の表示が10サイト限定である以上、100%成功が確約された対策ではありません。
ただ、先ほどの右肩上がりのグラフが証明しているように、正しい対策をしていけば少しずつ成果に結びついていくことは約束できます。

SEOの具体的な対策と方法

具体的にSEOに効果があると言われている対策をいくつか列挙していきます。

  • 画像の軽量化
  • 常時SSL化
  • 外部リンク
  • 内部リンク
  • キーワード対策
  • コンテンツマーケティング
  • 構造化マークアップ
  • モバイル最適化

画像の軽量化

画像を軽くすることが直接順位に影響することは考えにくいかもしれませんが、実は最も単純で取り組みやすい対策がこの画像の軽量化です。
Webサイトの評価のひとつに「表示スピード」というものがあります。
これは、ユーザーがアクセスしてからサイトが開くまでの時間のことを言います。

画像が軽い方がWebサイトを開くまでの時間が短くなるため、ユーザーの使い勝手も向上します。
そのため、googleでも「表示スピードの向上」は特に重要な項目として対策を促しています。

常時SSL化

サイトをSSL化すればSEOに効果があると言われていますが、実際には直接的な効果があるかどうかは疑わしいところです。
理由は、SSL化されていないWebサイトでもきちんと対策をすれば上位を獲得することができているからです。
ただし、予約・登録フォームや検索フォームなどがあるWebサイトでは、SSL化は必須となっています。

何故なら、webサイトを開く際に「このサイトは安全ではありません」という「警告」が表示されてしまう可能性があるからです。
「ちょっと気になることを調べたい」と思っているユーザーが、わざわざ警告を無視してサイトにアクセスすることは考えにくいです。
検索一覧に戻り、別のページを開く可能性が高いため、必然的に順位が下がってしまうでしょう。
SSL化は、直接的なSEO対策ではありませんが、場合によっては必須の改善対策とも言えます。

外部リンク

外部リンクには先ほどブラックハットSEOの部分で触れましたが、実際に「関連性の深い内容が掲載されている」Webサイトからの被リンクは現在も高い評価を得られる内容のひとつとなっています。
そのため、例えばショップAとショップBを経営している場合、それぞれに別のドメインを取得した上で相互にリンクで繋ぐという手法をとっている企業もあります。

注意すべきなのはゴルフショップAと讃岐うどんのお店Bのように、関連性がまったくない場合。
キーワードが大きく異なるWebサイトの被リンクは場合によってユーザーに悪影響を及ぼしてしまう可能性があるため、被リンクがプラスに働かない可能性があります。
場合によってはマイナス効果になることもあるので注意が必要です。

内部リンク

内部リンクというのは、同じWebサイト内の別のページにリンクさせる対策のことです。
買い物サイトの「このページを見た人はこんなページも見ています」とか、ハウツーページの「もっと詳しく見る」といったものもそのひとつです。
これによって本来は目的のページを見て帰るだけのユーザーにより多くのページの閲覧をしてもらえたり、知識レベルの違う閲覧者の両者にとって分かりやすいページを構成したりすることができます。

あくまでも内部リンクは用途を考え、ユーザーファーストで対策しましょう。
1ページで完結できる内容を無駄に何ページにも分割し、本来1PV(閲覧ページ数)のものを10PVにも20PVにも水増しすることは意味がないばかりかユーザーにストレスを与えてしまう可能性が高いのでおすすめしません。

キーワード対策

サイトのツリー構造やコンテンツの構造をキーワードに応じて対策していくことで、ある意味SEOの最も重要な施策とも言えます。
商品やサービスに関連する内容を調査・分析し、狙うべきキーワードを定めます。
その上で、コンテンツをグループ分けし、関連性の深いものばかりを集めておくことでユーザーにも分かりやすくなり「見たいページを探しやすく」なります。
それによって狙っているキーワードで上位を狙うことが可能になります。

コンテンツマーケティング

SEO対策といえばコンテンツマーケティングというイメージを持っている方も少なくないのではないでしょうか。
コンテンツマーケティングとは、先ほどの「キーワード対策」と合わせて行う対策で、狙ったキーワードのコンテンツを制作していくことです。
ページを検索でHitさせることで流入を増やすことができ、積み上げていくことでサイト内により多くの人を呼ぶことが可能になります。

構造化データ マークアップ

構造化データマークアップ自体が検索エンジンから高い評価を受ける対策ということはおそらくありません。
しかし、構造化マークアップは、「タイトル」「URL」「ディスクリプション」という本来表示される検索結果に加えてサイトの内容を紹介できたり、URLの部分にパンくずリストを表示させられたりと、さまざまな部分で他とは違った対策をとることが可能となります。
そのため検索結果でサイトの紹介が「他と違った内容や広いスペースで表示される」ことになり、結果としてクリックされる確率が上昇します。

モバイル最適化

モバイルファーストインデックスにより、スマートフォンでの検索が特に重要視されるようになりました。
そのため、スマホの対策ができていないWebサイトは早急に対策を練る必要が出てきています。
PC専用サイトの場合でもそれを理由に順位を下げられるということは今のところないようですが、ユーザーの動向によって変化してくる可能性もあるため「今大丈夫だから」という理由で放置しておくのは少々危険です。

Webサイトの状況調査も対応

SEOについて触れてきましたが、結局自社サイトの運用方法が正しいのかを判断するのは難しいものです。
自社のSEOに対する取り組みや状況、リニューアルを検討しているけれど、本当にやる必要があるのかなど、お悩みがある場合はお気軽にお問い合わせください。