競合サイト分析 / 調査

今、Webでの集客に乗り遅れてしまっていると感じている企業は、もしかして「今から対策しても遅い」と思っていませんか?
デジタルマーケティング、とりわけGoogle検索を用いたコンテンツマーケティングのように、ロングテールでHitを狙い、継続的にアクセスを稼いでいくような手法のマーケティングは、既に上位が固まっていてその中に食い込んでいくことは難しいと思っているのではないでしょうか。
あるいは、レッドオーシャンの事業で後塵を拝していて、なかなか対等に同業他社と戦っていくのが難しいと考えている方はいませんか?
世の中に飽和しているサービス、いわゆるレッドオーシャンの事業は、本当にもう成功させることが難しいのか。
それを調査するのが「競合企業のサイト分析および調査」です。

Webマーケティングと通常のマーケットの違い

まず、Webマーケティングと通常のマーケットの違いを簡単に説明します。
といっても当たり前のことなのですが、通常のマーケットというのは商品・サービスが流通している市場のことを指します。
マーケティングは商品・サービスをいかにして作り出し、広め、売るといった流れの市場活動や販売戦略などを指します。
つまり、WebマーケティングはWebサイトを通して行う企業活動のことを指します。
同じような言葉としてデジタルマーケティングというものがありますが、こちらはSNSやWeb広告など、関連性の高いツールを絡めて総合的に戦略を練っていくマーケティングのことを指します。
さて、表現の違いとは別に、大きな違いがあることにどれだけの方が気付いているでしょうか。
マーケティングの方向性が変われば大きく変わるもの。それが、ユーザーです。

本当にレッドオーシャンなのか

ユーザーが変わるということは、売り込み方やアプローチのしかたが変わるということになります。
例えば、普段まったくゲームをしない。パソコンも見ない。興味もない。といったユーザーにゲームを売り込むことは難しいと考えれられていました。
しかし、スマートフォンが普及し、今まで興味を持っていなかったユーザーが暇つぶしにソーシャルゲームを始めるというのは決して珍しいことではなくなりました。
「やったことがない」「興味がない」というのは「嫌い」ではなく「無関心」に分類されます。
いわば食わず嫌いというところです。
実際に知った上での「嫌い」は取り込むことが難しいですが、知らないユーザーにアプローチすれば、顧客になってくれる可能性はより高まります。
つまり、「知らなかった」そ「知ることができた」に変えることが可能になるのです。
そして、Webやそれに関連するデジタルマーケティングは、通常のマーケットとは一線を画した場所に存在しているため、現実でのマーケットをWebでひっくり返すことも夢ではないのです。

レッドオーシャンがブルーオーシャンになる

Webマーケティングやデジタルマーケティングに対して、本気で取り組んでいる企業がどれくらいあるでしょうか。
「SEO」を看板に掲げ、「結果重視」「成果が上がる」と書いてあるWebサイトはたくさんあるのに、結果に満足されている企業様は思っている以上に少ないのではないでしょうか。
それは制作会社が悪いわけではなく、かといって依頼している企業様が悪いわけでもありません。
Webサイトは制作しても運用していかなければ順位は上がりません。
もし、何もせず放置していて上位を獲得できていたとすれば、検索ボリュームが少ないか、もしくは競合企業がまったく対策をしていないかのどちらかだと断言できます。
そして、制作会社の多くはソースコードを書く上でのSEOの知識はあっても、コンテンツマーケティングをはじめとするキーワード戦略の知識はそこまで高いとは言えません。
もし、そんなことはないと思われているのであれば考えてみてください。
ホームページ制作の段階で市場調査、ターゲット分析、競合調査などをする制作会社がどれだけあるでしょうか?
特に、ターゲット分析におけるポジショニングはWebサイトを運用していく中でなくてはならないものです。
御社のウェブサイトのメインワードはこちらで設定します。そこからサブのキーワードをこう割り振っていきますので・・・といった説明をどれだけの方が受けているでしょうか?
つまり、今、世の中にホームページを発信しているほとんどの企業様は、おそらく同じ悩みを抱えているのではないかと思います。
そう考えると、気づくことはありませんか?
嘘でも冗談でもなく、Webマーケティングはまだまだ一部の企業様が注目し始めて成果を出している程度で、多くの分野がブルーオーシャンのまま放置されているのが現状です。
もしかすると上位を獲得している企業ですら、なぜ自社のWebサイトが1位を獲得できているのか分かっていないかもしれません。
もっと言うなら、どれくらいのユーザーがランディングしているかすら知らない可能性があるのです。

近い将来必ずレッドオーシャンになる

今、これだけSEOという言葉が飛び交っていて、本当に結果を出せるノウハウを持っている企業も増えてきています。
そして、それをビジネスとして展開している以上、競合企業もいつかは気付いて本腰を入れてデジタルマーケティングに取り組む時が来るでしょう。
理由は簡単で、そうしなければ生き残っていけないからです。
世の中はどんどんデジタル化していき、多様化していっています。
SNSはさまざまな特徴を持ったものが出ていますし、これからも新しいものができ、ユーザーを確保できないものはなくなっていく可能性もあります。
しかし、どんなにツールがたくさんあっても、どんなに多くのページが量産されていっても、閲覧する人の数が増えているわけではありません。
だから閲覧されるページには限界があります。
そう考えると、もしお金を払ってWebサイトを認知させるための広告を出そうとしたとしても、「掲載できる場所は限られている」ということがわかります。
Web広告はニーズが集中すると金額が高騰するシステムになっています。
人気がある場所は高い金額が必要となるわけですから、当然集客コストが高くなってきます。
一時的になら戦略的に考えても良いかもしれませんが、コンバージョンまでの集客コストが何万円もかかるようなシステムばかりでは立ち行きません。
だから、SNSを使ったブランド戦略や検索を使ったSEO戦略は今後の集客を稼ぐ手段として絶対に必要なものなのです。

キーワードごとに競合企業を深掘りする

では、具体的に競合企業についてどういった調査をするのでしょうか。
あくまでもWebマーケティングにおける競合の調査ですので、キーワード検索によってHitした競合企業のホームページをチェックし、さまざまな情報を収集するという流れです。
まず、SEOの最も基本的な知識として、Titleとdescriptionの設定というものがあります。
だから、検索をした結果のTitleをひと目見ただけで、そのページで表示される競合企業がSEOに対して力を入れているのかいないのかがすぐにわかります。
「高松 うどん」で検索してみると、検索結果のタイトルは比較的いろいろな文章が出てきますよね。
例えば、東京は日本の中でも特にデジタルマーケティングが最先端をいっている場所です。
「青山 結婚式場」で検索してみてください。すると、最初に「青山、表参道」といったエリア、次に「結婚式、結婚式場」といったキーワードが続くTitleを使っている企業がズラッと並ぶのではないでしょうか?
これがTitleに対してキーワードで対策するという手法のひとつです。
こういったことをキーワードごとに繰り返していくと、すぐにWebに対する知識を持っていて、対策ができている競合企業が見つかるはずです。
きちんと対策ができている競合企業のWebサイトをチェックしてみると、Webを使ってユーザーにどういった角度からアプローチをしているのかがわかりますので、もし参考にすのであれば、きちんとWebの知識を持った上で対策できている競合企業を選ぶことをおすすめします。

自社の商品・サービスとの共通点を探す

競合企業のホームページの情報をそっくりそのままコピーして持って来るのは著作権違反ですが、検索順位で1位を獲得している競合企業が最もユーザーからもGoogleからも評価が高いというのは間違いありません。
それは、単純にWebマーケットにおいてユーザーの支持を獲得し、上位を取ることができたということであり、今後Webマーケティングを展開していく上で指標となるものになります。
ちなみに、1位のWebサイトが必ずしも一番サービスが充実していてユーザー満足度が高いというわけではありません。
とは言え、ユーザーからの支持が高くない企業は結果的に淘汰されていきますので、間違いなく上質なサービスを提供し、ユーザーからも支持を得ていることに違いはありません。
競合企業であれば、自社で展開していくウェブサイトと共通する部分は多くあるはずですので、打ち出し方やアピール方法など、参考にできる部分も少なくないはずです。
また、どういったキーワードを意識してページを作成しているのか、ターゲティングやポジショニングをどのように設定しているのかなど、1つひとつ分析していくことによって競合企業の狙いが見えてきます。

自社の商品・サービスとの相違点を探す

競合企業と自社の商品・サービスの共通点が見えてくると、今度はどういった違いがあるのかをより明確にしていきます。
機能的なことや内容、価格だったり品質だったり、さまざまな部分に違いがあるはずです。
微妙に違う部分と大きく違う部分が見えてくるはずなので、その中かから大きく違う部分を挙げていきます。
魅力的かどうかはひとまず置いておいて、 違う部分を挙げていきましょう。

ユーザー視点に立って調査・分析する

競合企業の分析によって自社の商品・サービスと違う点が列挙できたら、ユーザーの視点に立って分析してみましょう。
魅力的か、魅力的ではないかという観点で見ると主観が入ってしまうため、どういう人に魅力を感じてもらえるかという視点で見ることをおすすめします。
例えば、「金額が高い」というのは一見悪いことのように感じられますが、高いなりの理由があれば「高級」というイメージを植え付けることが可能です。
「機能が少ない」というのも同様で、シンプルで使いやすいといったイメージに置き換えることが可能です。
差別化した部分と利用ユーザーに共通点があれば、うまく活用してユーザーに打ち出すことができます。

目に見えない部分もこまかく分析する

ホームページ制作の前段階であれば、競合企業のサイト分析や調査はそのまま自社サイトの制作において「差別化」という意味で大きく影響を与えます。
「差別化」と言っても上述したように目に見える部分ばかりではありません。
例えば、Titleやdescription、h1タグやh2タグ、キーワードの数や関連するワード数など、内部的な構造も多角的に分析することで、簡単に上位を狙えるか、それともかなり対策をしていかなければ上位の獲得が難しいかといったことまで分かってきます。

事前調査だけでなく定期的に調査分析する

競合企業のサイト分析は、ホームページ制作の前に重点的に行いますが、運用においても定期的にチェックしていくことをおすすめします。
特に、競合企業の中でもこまかく更新が入っているようなWebサイトは商品やサービス、デザインや打ち出し方などが変わる可能性がありますし、コンテンツマーケティングによってさまざまなユーザーをターゲットにし、幅広く商品をアピールしていくケースもあります。
相手を知ることはそれだけで引き出しを増やすことに繋がりますので、今後もぜひ積極的に対応してみてください。