ヒートマップ解析

アクセス解析とHTML解析で、Googleアナリティクスとサーチコンソールの共有のお話をしましたが、ヒートマップについてはおそらく導入されている企業様は少ないのではないかと思います。
理由はさまざまだと思いますが、ヒートマップを導入するとさまざまなことが分かってくるため、glowは可能であればウェブマーケティングを考えている企業様にヒートマップの導入をご検討いただいています。
具体的な内容はお問い合わせいただければご説明させていただきますが、導入するヒートマップは当社の方で指定させていただきますので、貴社で有料のコンテンツに申し込みいただく必要はありません。
ただし、Googleアナリティクスと同様にヒートマップのタグを埋め込む必要があるため、制作会社様に導入の依頼をしていただく必要があります。

ヒートマップではユーザーの動向を知ることができる

では、ヒートマップを使うと具体的にどういったことを知ることができるのでしょうか。
ヒートマップでは、ページ内のどのあたりがよく見られている、どのボタンがよくタップされているといったこまかい情報を知ることができます。
例えば、TOPページにランディングしたユーザーはハンバーガーメニューを押してすぐに次のページに遷移している。
最上部の遷移ボタンはあまり押されておらず、2番目のボタンをタップして次のページに遷移している。といったものです。

アクセス解析とヒートマップ解析の違い

ヒートマップを使わなくてもGoogleアナリティクスである程度ユーザーの動向を知ることができるのではないか?
と思われている方も多いと思います。
しかし、Googleアナリティクスで分かるのはどのページが多く見られていて、どういったページ遷移をして、どこで離脱したかということです。
TOPページからAページに遷移したことは分かっても、ハンバーガーメニューを使ったのか、ページ内の遷移ボタンを使ったのかはトラッキングコードを埋め込まなければ判別できません。
離脱ページにヒートマップを設置すると、ユーザーはどのあたりまでページを閲覧していて、どのあたりで離脱が発生しているのかをある程度読み取ることができます。

ユーザー動向を探ることの必要性

例えば、ホームページにゴールを設定していたとして、ユーザーがゴールに達するまでにページ内で何の迷いもなく、スムーズにページに到達していて、気がつけばコンバージョンしていたということは、おそらく稀でしょう。
ほとんどの場合、ページ内で運用側では思いもよらない行動をしているものです。
そこで、具体的にヒートマップ解析でどういった動向を知ることができるのかを1つひとつ説明していきます。

コンテンツ深度を知る

ヒートマップでは、ページを閲覧しているユーザーがどのあたりまで閲覧しているかを見ることが可能です。
Webサイトでは、特に処理を施していない限りページを開くと最上部が表示されるので、ファーストビューの閲覧率は当然100%ということになります。
そこからページ内を下へ遷移していき、離脱、もしくはタップやクリックなどで別のページへ遷移することでページ内の閲覧は終了となります。
そのため、必ずしも最深部まで到達することが目的とはなりません。

特に別のページへと遷移させることが目的のページにおいては最深部に到達するまでに別ページへと遷移させることが目的となるため、たくさんのユーザーが最深部まで到達してしまっている場合、目的のコンテンツにたどり着いていいないという解釈になります。
これとは逆に、ブログなどの読ませるコンテンツであれば、文字量が多くなればなるほど最深部まで到達する確率は低くなります。
コンテンツを読み終わった後に関連のページへ遷移させるのではなく、ページの途中でも遷移させるためのコンテンツを入れ込むことで遷移率はアップするかもしれません。

こういった対策を練り、実践し、結果を元に次の対策を練る。といったサイクルを作り、より良いページにしていくことが可能となるのです。

タップされているボタンを知る

ヒートマップでは、タップやクリックの状況をチェックすることが可能です。
設置したボタンがまったく押されていないのであれば、コンテンツを閲覧しているユーザーに興味を引く誘導になっていない可能性があります。
多く押されているのであれば、設置したボタンは正解ということになるでしょう。
狙った通りコンテンツを閲覧してもらい、狙った通りにボタンを押してもらうことができれば、最終的なゴールにスムーズにたどり着いてもらうことができます。
そのために、どこまで閲覧し、どのボタンを押してどのように遷移してもらうかということをヒートマップを使って解析していきます。

誤ったクリックとは

Googleアナリティクスでは、ページ遷移を見ることができるため、ページからページへ遷移した情報を知ることが可能です。
しかし、「クリックやタップをしてみたけれど、ボタンじゃなかったから何も起こらなかった」といった経験はないでしょうか?
ユーザーは画像や四角いボックスなどを見ると、ボタンではなくてもボタンだと認識してしまうことがあります。
そして、実際にはリンクが貼られていないのにクリックやタップをしてしまうことがあるのです。

Googleアナリティクスではこういったリンクの貼られていないボタンを押しているかどうかという情報まで知ることはできません。
しかし、ヒートマップであればタップと同じように表示されるため、誤ってクリック・タップされている情報も取得することが可能です。
ボタンと認識されているということは遷移の意思があるユーザーの行動を阻害していることになりますので、間違いの起きにくいデザインにするか、遷移できるようにするかを考える必要があります。

具体的な行動パターン

コンテンツ深度やクリック以外にもヒートマップにはさまざまなヒントが隠されています。
例えば、スマホの状況を見ていると、画面の半分より右側を触っている人が圧倒的に多いことに気付きます。
これは、左手にスマホを持ち、右手で操作することから起きると推測されます。
そう考えると、ボタンをはじめ、リンクがついているものは左側よりも右側に置いた方がクリックされる確率が上がるという仮説が成り立ちます。

PCではページ中央にあるボタンがスマホになると画面全体に広がったり、ページの右側に移動したりするのも、こういった検証から導き出された改善の結果と言えるでしょう。
また、ボタンを横にふたつ並べるより縦にふたつ並べた方が遷移率が上がるかもしれないといった仮説も立てることが可能です。

ヒートマップ解析で改善できること

Googleアナリティクスでできる解析とヒートマップでできる解析はまったく違ったベクトルのものです。
そのため、どちらか片方だけやっていても見えてこないものがあります。
仮説・検証も含め、アクセス解析とヒートマップ解析を両輪で回してこそより良い改善ができていくようになります。

ヒートマップは導入後、ある程度アクセスが蓄積されるまでは閲覧することができません。
アクセス状況によっては結果が反映されるまでにしばらく時間がかかってしまうこともありますのでご理解ください。