集客改善案

Webサイトの改善は「サイトに訪れる人を増やす」集客と、「訪れた人を成約に導く」動線の2種類があり、集客改善案は、前者の内容となります。
仮に、成約に至る確率が同じ場合、訪れる人が多い方が成約件数は多くなります。

多くの人が訪れればサイト内のデータもたくさん集まるため、動線を改善するための施策が立てやすくなります。
そのため、集客と動線であれば、集客を優先させることがおすすめです。

Webサイトへの集客改善の方法

集客の改善には、次の方法があります。

  • SEOを行う
  • 広告から集客させる
  • メルマガなどで集客する
  • SNSから集客する

SEOを行う

SEOによる集客は、商品・サービスに関連するキーワードでWebサイトをより高い順位で表意されるように対策することを目的としています。
主には「コンテンツマーケティング」と呼ばれる手法を使い、キーワードに応じたページを制作します。
これは、ページに応じてさまざまな検索で上位表示を狙うことでWebサイトを訪れる間口を広げることを目的としています。

  • 商品・サービスに繋がりそうなキーワードの洗い出し
  • ワードごとの検索ボリュームと上位表示の難易度の調査
  • キーワードごとに存在するユーザーニーズの調査
  • 現実的なコンテンツの作成頻度の提案

こういった内容を整理し、運用状況をチェックします。
事前に取り決めた予定通りに記事作成が進められているか。
順位は上昇しているか、検索クエリは増えているかなど、さまざまな内容を運用が始まっても継続的に調査します。
その上で、方向性がズレてしまっていたり、当初の予測と実測値の違いをチェックしたりしながら改善策を随時ご提案致します。

広告から集客させる

広告による集客は、主にWeb広告を使ったマーケティングです。
GoogleやYahooの検索結果に合わせて表示されるリスティング(検索連動型)広告や、集客力のあるポータルサイトや個人サイトにバナーを掲載するディスプレイ広告、SNSのタイムラインに広告を入れ込むSNS広告など、Web広告といってもさまざまな種類があります。
Web広告はより関連性の深いユーザーに対して商品・サービスをアピールすることができ、時間をかけず集客に繋げることが可能です。

  • 商品・サービスのアピールに最適なWeb広告の調査
  • 調査結果に基づいたWeb広告の戦略立案
  • Web広告の運用ルールの設定
  • ランディングページの整理と広告運用の開始

Web広告にはそれぞれにさまざまな特徴を持っています。
例えば、リスティング広告の場合、自社のWebサイトが検索で下位だったとしても広告を利用することで1位より上の順位を獲得することが可能です。
しかし、キーワードに関連するユーザーの興味を引けなければ結局はクリックされません。

ディスプレイ広告も同様で、興味がないと判断されれば広告はすぐに非表示にされてしまいます。
もし、クリックされたとしても入ったページがバナーと関連していなかったり、魅力を読み取ることができなければすぐに離脱されてしまいます。
どの広告を選び、どのように運用していくのかによって、集客力が変わってくるため、掲載した後も出し方は正しいのか、もっと効果の出る打ち出し方はないかなどを、情報を元に検討し、提案をしていきます。

メルマガなどで集客する

既に商品・サービスに興味を持っているユーザーに対して有益な情報を提供していくメールマガジンなどの運用も集客に繋がる有効な手法のひとつです。
メールマガジンの運用自体は昔から多く取り入れられている手法ですが、データを詳細に解析できるWebサイトと連動させることによって、よりデータを生かした運用をすることが可能になります。

  • メールマガジンの内容の見直し
  • メールマガジンの遷移先ページの見直し
  • ユーザーのセグメントと送信内容の最適化

メールマガジンの内容とデータを連動させることによってさまざまなデータを収集することができ、それによって的確に改善の一手を打つことが可能です。
例えば、メールが開かれたかどうかのデータは「メールタイトルが読んでもらえるものになっているかどうか」が分かります。
読まれているのにリンクページに集客ができていなければ、内容とリンクの関連性が問題かもしれません。
内容とデータを連動させ、集客するためのメルマガ戦略をサポートします。

SNSから集客する

SNSと簡単にひとまとめにされていても、種類や内容・SNSごとの利用者の年齢層はさまざまです。
そして、共通する大きな特徴としてはどれもユーザーと直接コミュニケーションをとることができること。そのため、ファンづくりのためのツールとして大きな効果を発揮します。

  • ユーザーのセグメントとSNSの選定
  • 投稿の内容の見直し
  • 投稿に関連する遷移先ページの見直し

SNSの運用に関する戦略は定期的な投稿や内容ユーザーのセグメント、内容とリンクの結び付けなど、多くの点がメールマガジンと共通しています。
しかし、SNSはメルマガと違って商品・サービスのことを知らないユーザーも内容を目にする可能性が高く、返ってくるアクションも一対一のメールマガジンとは大きく異なる可能性があります。
どのSNSを使えば高い効果を発揮できるかなども含め、しっかりと調査した上で戦略的に運用することで、SEOや広告などでは獲得できないファンを増やせる可能性も出てきます。
事前の調査と運用の解析によって、商品・サービスにより多くのファンを増やせるような運用をご提案できます。