コンテンツ改善案

SEOの一環としてコンテンツマーケティングをする場合、新しいコンテンツを作り続けることだけがすべてではありません。
作ったコンテンツのアクセス状況や内容を再度確認し、狙ったキーワードで検索にヒットしているか、思惑通りに集客ができているか、集客したユーザーは内容を閲覧し、問題を解決できているかなど、さまざまなことを確認し、改善につなげることでより高い成果に繋げることが可能になります。

コンテンツの流入ワードをチェックする

まずは、制作したコンテンツが狙った通りのキーワードで検索にヒットしているかどうかを調査します。
サーチコンソールを使用することで、どのキーワードで、だいたい何位ぐらいに表示されているか、どれくらいの割合でクリックされているのかなどを調査することが可能です。
ページによっては複数のキーワードで表示される場合もあるので、それぞれの状況を詳細にチェックし、改善提案をしていきます。

調査結果に応じて対応策を考える

コンテンツを改善する目的は、より多くのユーザーを獲得するためです。ただし、改善内容には大きく分けて2通りのパターンがあります。

  • 狙ったキーワードで集客できている場合
  • 狙っていないキーワードで集客されている場合

それぞれのパターンでその後の対応が異なります。
もし、狙っていないキーワードで表示されているにもかかわらず前者の対応をしてしまうと順位が上がりにくくなってしまうこともあります。
そのため、複数のキーワードでHitしている場合は特に検索エンジンがコンテンツをどういう内容で判断しているのかを綿密に調査します。

狙ったキーワードで表示されている場合

制作したコンテンツが狙ったキーワードで表示されている場合、次はより高い順位を獲得するための施策を練っていきます。
具体的な内容はグーグルアナリティクスやヒートマップなどを使って分析する必要がありますが、おおまかなパターンとしては下記の通りです。

  • タイトル・ディスクリプションを変更する
  • よりユーザーの興味を引けるようなリライトを施す
  • 関連情報を載せ、内容を充実させる
  • 関連ページと連結させ、回遊を促す

ヒートマップで記事の開始部分しか見られておらず、滞在時間が短い場合、そのコンテンツはユーザーから「思っていたのと違う」と感じられている可能性があります。
その場合、タイトルと文章の書き出しに認識の違いがあったり、分かりにくいから別の記事を見ようと思われたりしている可能性があります。

ある程度記事が読まれていると分かった場合は内容を充実させたり、回遊を促したりする対応が効果的です。
商品・サービスとの関係性が深く、顕在層が見込める場合はコンバージョンを促す内容を入れても良いかもしれません。

数字から状況を判断し、どういった改善をすればより高い効果を得られるのかを戦略に落とし込み、リライト内容のご提案をさせていただきます。

狙っていないキーワードで表示されている場合

コンテンツを制作していると、よく「狙っていないキーワード」で表示されることがあります。
この場合、ワードのニーズと記事の内容を照らし合わせて内容を調査する必要があります。
基本的には最初に狙っていたキーワードに合わせて内容を書き換えることはせず、ヒットしたキーワードに合わせて記事をご提案します。

メインの流入ワードのニーズを調査する

表示されたキーワードが変わるということは、ユーザーの検索ニーズが変化している可能性があります。
そのため、ヒットしているキーワードで検索をかけ、周囲に表示されている記事と制作した記事の相違点を調査します。
まったく内容が異なる場合、何故自社のコンテンツが流入を稼げているのかも再調査が必要です。
当初狙っていたキーワードと同じようなニーズの記事ばかりが並んでいる場合は、どちらが検索ボリュームが多いのかも含めて再調査します。

コンテンツの内容とニーズを照らし合わせる

もし、コンテンツに流入しているけれど、あまり内容を読まれておらず、直帰ばかりが発生している場合は周囲の記事に合わせた内容に変えていく必要があるかもしれません。
ユーザーニーズや記事に足りない内容、書いたけれど不要なものなどを洗い出し、もう一度記事の方向性を練り直します。

逆に、他社の記事と内容が異なるのに自社のコンテンツがユーザーから受け入れられている場合、周囲と内容は異なるけれど、ニーズに合致していることがあります。
調査した時のユーザーニーズはあくまでも周囲の記事から導き出された予測であり、実際には数種類のニーズが存在していることがあります。
その結果、異なる方向性の記事が複数表示され、CTRを等分させて高い流入を稼いでいることがあります。
そのため、周囲の記事と内容が異なるからといってユーザーニーズがないと決めつけず、まずはその記事がきちんと読まれているかも調査しておきます。

コンテンツをリライトする

調査が終わったらいよいよ記事をリライトです。
よりユーザーニーズに合わせた方向に寄せていくためには、タイトル・ディスクリプションなども変更する必要があるか検討する必要があります。
基本的には内容を整えたり加筆修正をする程度のことが多いですが、場合によっては一から制作するレベルでリライトが発生する可能性もあります。
ユーザーニーズや記事修正の方向性などを明確な根拠と共にご提案いたします。