解析レポート

運用によって得られたアクセスデータを集計し、定期的にレポートとして提出します。
Webサイトを運用していくにあたって、アクセスデータの解析は今や欠かすことができないもののひとつ。
次の施策を練ったりサイトの内容を改善したり、PDCAを回していくにあたって必ず参考にするのが解析レポートです。

週次レポートと月次レポート

解析レポートのメインとなるのは、週次・月次の2種類です。
さらに、長期で運用している場合は年間のグラフなども合わせながらアクセス状況がどういった波形を描いているのか、対策がどういった結果をもたらしているのかなどもこまかく調査し、結果を提示することが可能です。

週次レポートで短期の変動をチェック

週次レポートでは、Webサイトのタイムリーなアクセス状況を毎週月曜日にメールにてお伝えします。
前の週とアクセス状況を対比することで、ウェブサイトのアクセスの変動を知ることも可能です。
セッションやPV、平均滞在時間や直帰率といった、ウェブサイトのアクセス状況だけでなく、どの数字が上昇しているのか、あるいは下降しているのかがひと目で分かるようになっています。

短期データの重要性

短期のデータを用いて改善策を練ることはまずありません。
何故なら、数日間という短期間のデータで施策の成否を判断すると曜日による誤差などで判断を誤る可能性があるからです。
短期データの重要性は、大きな変動がないかどうかの調査です。

アクセスが激減している場合はすぐにその原因を探り、改善する必要があります。
逆に、激増している場合も喜んでばかりはいられません。
場合によってはSNSなどで炎上している可能性も否定できないので、その理由を突き止める必要があります。

月次データで傾向を調査する

月次レポートでは、数週間分のデータを集計できるため、より正確な傾向を見ることができます。
一週間では分かりにくいですが、一カ月のアクセス状況をグラフで見た時、多くの場合直線ではなく、波形になります。
これは、曜日によってアクセスが変動していることを意味しています。

BtoCのWebサイトであれば、月曜日から緩やかに上昇し、土日にアクセスが集中する傾向にあります。
逆に、BtoBのWebサイトは企業が休みの土日にはアクセスが下降する場合が多いです。
そのため「土日にアクセスが多いので、毎週金曜日に新しいコンテンツを投稿しておこう」といった対策を練るヒントにもなります。

解析項目

アクセス解析の多くは、Google Analytics、Search Console、ヒートマップの3種類を軸に提出します。
これらの解析ツールはそれぞれにまったく別のデータを解析することができます。
そのため、用途に応じて使い分けることでより正確な状況を把握し、改善の指標とすることが可能になります。

また、ただレポートを提示するだけではなく、状況や今後の対応なども含め、スタッフがこまかい対策をご説明いたします。
解析データだけ提示されても何をどう改善すれば良いのか分からないという企業様もご安心いただけます。

Google Analytics

Google Analytics(グーグルアナリティクス)は、最もスタンダードなアクセス解析ツールで、多くのWebサイトに導入されています。
サイトにアクセスしたユーザーが何のデバイスを使い、どこからアクセスしてきたのか、どのページに何分滞在し、どのページに遷移してどこで離脱したのかといった情報を蓄積しています。
そのため、Webサイトに訪れているユーザーがパソコン、スマートフォン、タブレットのどれを使用しているのか。
検索、SNS、ウェブ広告など、どういったきっかけで訪れたのかなど、サイト内のこまかいアクセス情報を数字で知ることができます。

Search Console

Search Console(サーチコンソール)は、Webサイトが検索エンジンときっちり連携をとれているか監視・管理できるツールです。
ページがきちんと検索エンジンに登録されているか、連携に不備がないかなど、さまざまな情報を知ることができます。
解析において最も優れているのは「検索エンジンのどういったワードでHitしているか」を確認できることです。

どういったキーワードでWebサイトのどのページが表示されているのか。
平均順位が何位くらいで、何回表示されてそのうち何回クリックされたのかをチェックできます。
グーグルアナリティクスでは基本的に「検索を使ってアクセスしたかどうか」しか分かりません。
そのため、SEOやコンテンツマーケティングなど「検索」に関する解析レポートはサーチコンソールのデータを活用します。

ヒートマップ

ヒートマップ解析は、Webサイトのページ内でユーザーがどんな動きをしているかをチェックできるツールです。
ヒートマップは視覚的にページのどの部分がよく見られていて、どの部分がスルーされているのかが見やすくなっているため、解析の知識を持っていなくても改善点が分かりやすいという利点があります。

グーグルアナリティクスでは、ユーザーがページ内にどれくらい滞在したか、次にどのページへ遷移したかといった情報しか確認できません。
しかし、ヒートマップを使えば訪れたユーザーがどれくらいの深度までスクロールしたか、多くタップやクリックをされている場所はどこか、スクロールが止まっている「注目度の高い部分」はどこかなどを確認できます。
そのため、動線改善などにおいて、より正確な予測を立てることが可能になります。