Webマーケティング

Webマーケティングとは、インターネットを通じて行われるマーケティングのことです。
大きな特徴として、紙媒体や店舗での接客と異なり、Webサイトはどのページが何人のユーザーに閲覧されたかを数値化することが可能です。
そのため、何を強化し、どういったアプローチをしていけばよりビジネスに生かせるようになるのかを検証することができます。
PDCAを回し、改善を繰り返していくことで、Webサイトを使ってより結果につながるアプローチが可能になるのです。
とは言え、実際に企業が展開している商品やサービスには、スマートフォンで購入できる商品もあれば、実際に店舗に足を運ばなければ受けられないサービスもあります。
そのため、Webマーケティングでも同じやり方がすべてのビジネスが当てはまるとは限りません。
状況を把握した上で取り扱っている商品・サービスとマッチングさせていくために必要なやり方を検証し、展開させていくことがWebマーケティングの基本となります。
制作するWebサイトの種類から、運用する集客施策のチョイスまで、内容も幅広いため、それぞれの特長を把握した上で取捨選択していく必要があります。

 

Goal achievement

Webと商品・サービスのマッチング

Webサイトの制作・リニューアルにおいて最も重要なのは「目的・目標を達成できるWebサイトを制作できるかどうか」です。 そのためには、市場やユーザーのニーズをしっかりと分析し、商品・サービスに適用させていく必要があります。 制作するWebサイトの種類だけでなく、完成した後の運用方法やどうやってWebサイトに集客をするか、実現可能な施策になっているかなど、制作前に対応すべきことも多くあります。 Webマーケティングを成功させる第一歩は綿密な調査から始まります。

集客施策の実施

Webサイトを制作し、雑誌やテレビCMなどで集客をする時代は終わりつつあります。 それとは反対に、SEOやコンテンツマーケティング、Web広告など、さまざまな手段を使い「Webの集客はWebでする」という流れができあがりつつあります。 そのため、Webマーケティングではどの方法を選択し、何を使って商品・サービスを売り出していくのかを考える必要があります。 制作前の段階でWebマーケティングの方向性を練っておくことは、目的・目標を達成させる重要な条件のひとつと言えます。

無料・有料の集客方法と対策

Webにおける集客には、SEOやコンテンツマーケティングといった無料でできるものと、Web広告などの有料施策のふたつがあります。 「無料のものは時間がかかるが、軌道に乗せれば運用が簡単」「有料のものはすぐに集客ができるが、やめるとすぐに集客できなくなる」 それぞれに相反するメリット・デメリットを持っています。 そのため、Webマーケティングでは両者をうまくマッチングさせて運用していくことが短時間で大きな効果を発揮する方法になります。

回遊施策の実施

無料・有料の集客施策やメールマガジンなど、さまざまな方法で集客したユーザーは、それぞれの「目標が達成された時」と「目標が達成できないと判断した時」にページから離脱します。 しかし、Webサイトが目的・目標としている商品・サービスの購入などを目的として訪れるユーザーばかりではないため、離脱を抑え、離脱せず継続して活用してもらう必要があります。 そこで必要となるのが、サイト内のページや成約へと導くフォームを最適化することです。

アクセス解析とPDCA

先にも述べた通り、Webの最大の特長はどの施策が成功していて、どの施策があまり効果が出ていないのかを数値化できることにあります。 そのため、運用を続けていくうちにより高い効果を得られるように改善していくことができるのです。 状況を探り、仮説を立て、改善を実施し、結果をまた分析する。 このサイクルを回していくことによってより目的・目標を達成しやすいWebサイトにしていくこともWebマーケティングにおいて重要な施策のひとつと言えます。