UI・UX

Webサイトにおいて、最も必要でシンプルな答えは「内容をお客様に理解していただくこと」です。 UIやUX、体験や戦略など、専門用語が並んでいて難しいと感じるものも多いですが「気に入ってもらい、買ってもらう」という根本は同じ。 そのために、自身が営業をしたり、売り込みをしたりすることができないため、さまざまな戦略や技術を駆使して内容を伝える必要があります。 Webサイトを通して分かりやすく、見やすく商品・サービスを売り込み、ユーザーに魅力を正しく理解してもらい、使ってもらうことがUIやUXなのです。

見やすさ、使いやすさが好印象につながる

UI・UXは「使うこと」を重視したデザインのことです。利用者を見ない、自社都合の設計はどんなに見た目が素晴らしくても「質の悪い」デザインと言えます。 もちろん、見た目は素晴らしいに越したことはありません。 しかし、その結果「閲覧しにくい」「使いにくい」といった要素が浮上してくるとユーザーはサイトを気持ちよく閲覧することができません。 使い勝手を良くするために、フォントのサイズや読みやすさ、ボタンの色やサイズ、配置場所など、あらゆる面にこだわったデザインがUIであり、UXなのです。

Our strength

機能的でスムーズに問題解決ができる

「探しているページが見つからない」「機能の使い方が分からない」「機能の存在に気付かれない」こういったトラブルがユーザー側で起こっていることに気付けるかどうかが、質の高いUIを作るカギとなります。 そのため、直感的に、何も見なくても操作ができることが、求められます。 例えば、「買いたい」と思った時に購入ボタンがあり、分かりやすく、スムーズに決済までたどり着くことができれば、ユーザーは何の不満も抱きません。 その上で、届いた商品に満足できればその買い物は素晴らしい「体験」となります。 スムーズに使えるWebサイトにするためには何が必要なのかを考え、Webサイトやシステムに反映させてご提案します。

ユーザーが増え、好循環が生まれる

分かりやすいデザインはユーザーが不満を持ちにくいため「また訪れたい」と思います。 そのため、新たなユーザーの獲得と並行し、利用者が少しずつ増えていきます。 さらに、使い勝手の良いWebサイトは業務時間の短縮や人的コストの軽減にもつながり、導入企業の満足度も向上します。 反対に、悪いデザインはユーザーが不満を募らせ、利用されなくなります。時にはクレームも入り、対応で手を取られ、導入企業も不満を募らせるようになります。 UI・UXの良し悪しだけで、好循環にも悪循環にも転じる可能性を秘めているため、戦略的にも根拠のあるデザインをご提案します。

イメージの向上と信頼に繋がる

使い勝手の良いデザインは利用者の目的をスムーズに解決するため、良いイメージを持つようになります。 Webサイトであってもシステムであっても使い勝手の悪さは悲劇しか招きません。最悪の場合、企業ブランドを損なってしまう可能性すらあります。 便利で何度でも使いたいと思えるデザインのサイトには自然と人が集まり、利用者との信頼関係が生まれていきます。 ずっと使い続けてもらえる、企業ブランドの向上につながるようなデザインこそが、UI・UXにおいて必要な要素のひとつ。 使い勝手がよく、スムーズに問題解決ができる方法は何か、数値も参考にしながら1つひとつ議論していきます。