CMS

CMSとはContents Management Systemの略称です。 通常、Webサイトの情報を更新するにはHTMLやCSSなどが書かれたサーバーのデータを書き換え、ファイルを更新しなければなりません。 しかし、CMSを導入することでサイトの構築を自動的に行うことが可能になります。 そのため、最新情報への書き換えを制作会社にお願いしなくても、専門知識のない自社のスタッフがサイトを運用することが可能になります。

CMSの導入ニーズは増え続けています

最新情報の更新や金額の改定、内容の追加にプランやメニューの見直し。 昨今のWebサイトにおいて、一度公開した情報を更新する必要がないということはほとんどないでしょう。 お店によってはタイムリーな更新が求められることもしばしばです。 さらに、コンテンツを更新する度に発生するコストも削減され、技術的なハードルも下がると、多くのメリットを感じられます。 デメリットに比べ、受けられる恩恵の方が大きいことが多いため、CMSの実装が求められるシーンも増えてきています。

Our strength

CMS導入のメリット

自社で更新を管理できることのメリットは意外に多くあります。「制作コストが発生しない」「公開時期をコントロールできる」「追加・変更が容易になる」「リンク管理が容易になる」「情報の一括変更が可能になる」「機能追加が比較的容易にできる」「バックアップなどが容易になる」などです。特に公開時期をコントロールできることや、追加・変更が容易になることは運用を始めてすぐに実感できるでしょう。 そして、SEOのためにコンテンツを量産する「運用ベースのWebサイト」を叶えるためには短いスパンでの更新が必要となります。そのため、CMSの導入は必須条件とも言えるでしょう。

WordPressのメリット

運用ベースのWebサイトを制作するにあたって最もおすすめしているCMSがWordPressです。その理由は「無料で導入できること」「プラグインが豊富にあること」 「一般のレンタルサーバーでも容易に導入できること」「エンジニアがカスタマイズできること」「実績が豊富にあるため幅広いアドバイスができること」 などが挙げられます。 有料のテーマを購入し、運用のみをサポートすることも可能ですが、WordPressのテーマを開発し、オリジナルのウェブサイトを制作したり、当社が開発したオリジナルのプラグインを導入するなど、知見があるからこそ幅広くサポートすることができます。

CMSのデメリット

CMSを導入する最大のデメリットは、導入費用が高いことです。 WordPressを使ったとしても、テーマと呼ばれるテンプレートをオリジナルで開発すれば制作費用はかなり高額になります。 できるだけ安く制作したい場合は、すでにできあがっているテーマを導入することですが、この場合、運用をテンプレートに合わせていく必要があります。 また、一定のフォーマットに則ってWebサイトのデザインが構築されていくため、ページレイアウトも一定のルールに則っていく必要があります。 CMSを導入する必要があるか、何をチョイスし、どう進めるかなど、企業様のご要望に沿ってアドバイスさせていただきます。