アナリティクス

サイトの更新や運用、リニューアルなど、現状を改善しようとする場合、アクセスデータの解析は必須事項です。 なぜならWebサイトのログには市場調査や競合サイトの情報だけでは知ることのできない貴重な情報が詰まっているからです。 Google AnalyticsやSearch Consoleだけでなく、ヒートマップをはじめとする解析ツールも導入し、Webサイトの現状を診断します。 これによって、状況から導かれた予測だけでなく、事実から導き出された結論を改善に反映させることができます。

ただ導入するだけではない運用のサポート

解析ツールを導入し、状況を可視化することはそれほど難しくありません。制作会社であればほとんどが対応できるはずです。 重要なのは「解析結果が何を示していて、どう改善すれば良いのか」を判断し、アイデアを導き出すことです。 これには、解析ツールを読み取るスキルだけでなく、Webの技術とマーケティングを結びつける総合的な知見が必要となります。 状況の把握や改善案の提示、ご希望があれば解析のやり方や改善の考え方なども含めてサポートすることが可能です。

Our strength

Google Analytics解析

Google Analyticsによる解析では、ユーザーがどのページを訪れ、どう遷移し、どこで離脱したのかをチェックすることができます。 その結果、入口になっているページやコンバージョンになりやすいページを知ることができたり、狙い通りにユーザーを導くことができているかをチェックできたりします。 また、アクセス情報を解析すれば、目標を達成しているのは検索からの流入なのか、広告やメルマガなのかといったところまでチェックすることが可能です。 そのため、どのアクセスが最もKPIを達成しやすいのか、どこを伸ばしていけば今後に繋がるのかといった判断も可能になります。

Search Console解析

Search Consoleは、Webサイトが検索エンジンに対してきちんと連携しているか、そのパフォーマンスを監視、管理できるツールです。 HOMEページが名指し以外のキーワードでHitしているか、集客のためにアップしたコンテンツが目的のキーワードでHitしているか、ページがきちんと登録されているかなど、さまざまな内容を解析することが可能です。 さらに、サイトマップがきちんとページの更新を促しているか、検索エンジンからエラー通知は来ていないかといったこともチェックすることが可能です。 検索を使って集客をはかる「コンテンツマーケティング」をするなら欠かせない解析ツールです。

ヒートマップ解析

ヒートマップは、Webサイトの各ページのどの部分が見られているのかをチェックするツールです。 サーモグラフィのような色分けで集中的に見られている部分や読み飛ばされてしまっている部分などをチェックできるため、アクセス解析では知り得ない情報をチェックすることが可能です。 「注目度の高いコンテンツがページの上部に集まっているので、分散させた結果読み飛ばされていたコンテンツの反響が上がった」 「画像やタイトルなどが間違ってクリックされていたのでボタンと同じページ遷移を入れたら回遊率が上がった」 こういった具体的な改善案を導き出すには、ヒートマップの解析が必要となってきます。