サービスサイト制作

サービスサイトというのは、自社サービスのブランド力向上やターゲット層を絞ったアプローチを目的に作られるWebサイトのことです。コーポレートサイトと比べた時、ブランドサイトと同じような意味合いを持ちますが、サービスサイトはお店の紹介や商品・サービス全般を掲載し、集客をはかる目的で制作されます。例えば、映画を制作している会社のサイトをコーポレートサイト、個々の映画を宣伝しているサイトをブランドサイトとすれば、映画を上映している映画館やグッズなどの販売サイトがサービスサイトに当たります。

自社のサービス内容を詳しく紹介しつつ、ユーザーに対して有益な情報を提供し、より多くの顧客を獲得することを目的としています。ユーザーには「既存顧客」「見込み客」「新規顧客」など、さまざまな種類があります。そして、種類ごとに求めている情報や持っている知識レベルが異なることが多く、同じ情報を提供しても違った結果になることが少なからずあります。そのためファネルごとにユーザーの状況を落とし込み、提示する情報をコントロールして、目的地に誘導していくことが求められます。

サービスサイト制作の目的とは

The purpose

  1. 1. 見込み層にアプローチ
  2. 2. ブランド力の向上
  3. 3. ターゲット層の明確化
  4. 4. 競合企業との差別化

目標達成するために最適なご提案をいたします。

Goal achievement

  1. 01目的・目標とWebサイトの特性に応じて制作する

    サービスサイトを運営する目的・目標の多くはブランドサイトと同様に集客と売り上げのアップにあります。業態によっては予約や数字を取りにくいものもありますが、一般的にWebサイトの売り上げ貢献度は予約や成約などの貢献度で測定されます。戦略フェーズの段階でユーザーの種類や目的、達成条件などをこまかく精査しておく必要があります。その上で、目的・目標を達成するためにWebサイトがどういった役割を担っていくのか明確にできれば、貢献度は飛躍的に上昇します。

  2. 02視覚体験や機能性によってブランド力を向上させる

    ビジュアルデザインの統一性や色使い、写真のトーンなどを組み合わせることでブランドイメージを思い描かせます。どんなにユーザーに有益な情報を提供していても、店舗・商品・サービスのイメージに大きな違和感がある場合は売り上げに繋がらないばかりかマイナスになってしまう可能性があります。また、せっかく良いイメージを思い描いても、使いにくいサイトであれば利用されません。細部まで配慮し、お店のブランド力上昇に貢献できる便利なWebサイトを制作します。

  3. 03ユーザーの求めている「情報」を分かりやすく提示

    ユーザーは利用頻度に応じてより密度の濃いファンへと変わっていきます。初めてWebサイトを訪れたユーザーは、サービスの特長やメリット、購入までの流れなど、他社と「比較検討」できるような情報を求めます。これとは対照的にファンになっているユーザーはキャンペーンやイベントなど、旬な情報を求めています。利用者によって異なる情報をうまくセグメントし、分かりやすく表示させることで「欲しがっている人に情報を届ける」ことが可能になります。

  4. 04差別化のポイントを見極め、強みを生かしたサイトを作る

    同じサービスを取り扱っていても企業によってそのカラーは少しずつ異なります。そして、数ある特徴の中からユーザーに届きやすいものを見極め「使ってもらいやすい」カタチに落とし込んで提供することが制作会社の役割です。そのために、戦略フェーズでの綿密な情報収集と企画・設計フェーズでの落とし込みが重要なポイントとなってきます。Webサイトの閲覧や体験を通してユーザーがその魅力に気づき、結果に繋がるようなコンテンツを作り上げていきます。

  5. 05作って終わりにならない運用ベースのサイト制作

    サービスサイトにおいて特に重要なのはWebサイトができた後の運用です。何故なら、新たなファンを獲得しつつファンを増やしていくためには、運用を続けていくことが最も近道になるからです。運用ベースのサイトでは、更新にかかる手間や負担を軽減させることも目的としています。何故なら、負担になるWebサイトの更新はやがて滞ってしまうからです。続けていくためにはただ更新できるだけではない、ユーザーだけでなく管理者にも運用しやすいサイトを制作することが必要です。

ニーズに合わせた価格帯と納期

Price and period

実際に、glowでサービスサイトを制作した企業様の料金と納期をグラフにてご紹介します。

平均価格
平均納期