オンラインショップサイト制作

自社サイト内で販売ができる機能を実装するオンラインショッピングサイト。カート機能やクレジットカードの決済機能、顧客管理システムなど、本来のWebサイトには入っていない機能を多数追加する必要があります。そのため、ほしいものをすべて叶えた場合費用はかなり高額になります。しかも、ネット上でショップを立ち上げることとサイト内で利益を上げることはまったく別であり、難易度は非常に高いと言えます。

ブランドサイトやサービスサイトと同様、まずは運用する商品やサービスの需要があるのかを明確にすること。その上で、自社の強みを考えた時、どうすれば利益を生むことができるのかを徹底的に調査しておく必要があります。まずは市場やニーズの調査、サイトの集客方法などを計画的に進め、KPIを達成させていくことが必要となります。ほしい機能のをすべて兼ね備えたオンラインショップサイトをリリースさせることも大事ですが、大きなリスクを伴います。そのため、まずは必要な機能を実装してスタートさせ、集客、利益に応じて計画的に機能を拡張させていくスタイルをおすすめしています。

オンラインショップサイト制作の目的とは

The purpose

  1. 1. 販路の拡大
  2. 2. 24時間営業が可能
  3. 3. 低予算で開店が可能
  4. 4. 自社商品の認知

目標達成するために最適なご提案をいたします。

Goal achievement

  1. 01オンラインショップに必要な機能の実装が可能

    オンラインショップの目的・目標はWebサイト内でユーザーに商品やサービスを利用してもらい、収益をあげることにあります。そのため、サイト内で商品の価格や宅配などのアイテム管理、購入した顧客の状況を把握できるシステムが必要となります。さらに、利便性を追求するなら代引き、コンビニ払いなどのシステムやメールマガジンの配布なども欠かせません。商品・サービスを利用してもらうためにはどういった機能が必要なのかを明確にします。

  2. 02「集客力」のあるオンラインショップサイトをご提案

    オンラインショップを制作するにあたって、最も必要なのはサイトへの集客です。何故なら、どんなに成約率が低くても集客力があれば売り上げは生まれますが、どんなに成約率が高くても集客ができなければ利益には繋がらないからです。収益を生めるショッピングサイトを作るためには、構造や運用方法などを綿密に練り、戦略に則って整理していく必要があります。ただ作るためではない「販売し、利益をあげるため」のサイトをご提案します。

  3. 03作って終わりにならない充実した「運用」サポート

    集客力や収益を向上させるためには、商品点数を増やしたり、内容を説明したり、Webサイトを運用していく必要があります。最初から集客力があり、お客さんが「待ってました」というサイトでない限り最初から大きな収益は見込めません。着実にユーザーを増やしていくためのには、ユーザーに「興味を持ってもらうこと」「魅力を伝え、購入してもらうこと」の2点が必要です。作った後も放置するのではなく、明確なゴールに進んで行ける道筋をご提案いたします。

  4. 04段階的な機能拡張でユーザビリティを向上させる

    調査・分析による改善ももちろんですが、フェーズごとに機能を拡張することも大切です。「会員数の目標を達成したらメルマガ機能を実装する」「月間成約者数が目標を達成したらログインページを設ける」など、必要になる機能もフェーズによってさまざま。開発の段階でKPIを設定し、達成によって機能を追加していくことで初期投資を抑え、リリース後、売り上げの上昇に合わせて追加実装していくことも戦略のひとつです。費用に関するご相談にも乗らせていただきます。

  5. 05調査・分析による「根拠のある」改善提案

    リリースまでにどれだけ綿密に行動予測を立てたとしても、100%の満足度を達成できるサイトはそう簡単にできません。そのため、ユーザー動向を調査し、より使いやすくて分かりやすいものに改善していくことが必要となります。特にオンラインショップサイトでは「使い勝手」がそのまま「成約率」に直結するため、利便性の追求は常に意識しなければなりません。ヒートマップ等の解析ツールを導入し、あらゆる角度から利用者の利便性を追求することでより良いWebサイトづくりが可能になります。

ニーズに合わせた価格帯と納期

Price and period

実際に、glowでオンラインショップサイト制作を制作した企業様の料金と納期をグラフにてご紹介します。

平均価格
平均納期