新卒・中途採用サイト制作

もし「良い人材を確保したい」と考えているのであれば、今すぐ採用サイトの検討をおすすめします。何故なら、企業が求職者を判断するように、求職者もまた企業を判断しているからです。どの企業も「良い人材がほしい」と考えていて、どの求職者も「良い企業に採用されたい」と思っています。

もし、自社のWebサイトを見た人と見ていない人が面接に訪れた場合、ほとんどの方が前者を採用するのではないでしょうか。理由は単純で、Webサイトを見ている人の方が「やりがい」を求め、企業のことや仕事のことに興味を持っていることが多いからです。では、企業を選ぶ求職者の立場からするとどうでしょうか。一方は企業情報を紹介しているコーポレートサイトのみ。もう一方はビジュアルで何をするのか、どんな人と働くのかが明確にされた専用サイトが設けられている。これだけで、面接の前から優劣が決まっている可能性があるのです。採用にWebの力が大きく影響してくる時代。良い人材を確保するためには新卒・中途採用サイトを制作し、「入社後のイメージを膨らませてあげること」が必要となっています。

新卒・中途採用サイト制作の目的とは

The purpose

  1. 1. 求める人材の獲得
  2. 2. ミスマッチを防ぐ
  3. 3. 安心感・信頼感を与える
  4. 4. 採用コストの削減

目標達成するために最適なご提案をいたします。

Goal achievement

  1. 01求職者のニーズに応えるコンテンツをご提案

    新卒・中途採用サイトに不可欠なのは「求職者の立場」を考えた目線です。求める人材や企業理念、会社の取り組みなども必要です。その一方で「あなたの働きやすい会社です」「夢を叶えられる会社です」といった求職者のニーズを叶える必要があります。また、ペルソナ設定も重要な要素の一つです。求職者はどの企業も求めているような優秀な人材ばかりではありません。多くの人が集まり「働きたい」と思えるようなWebサイトを制作しましょう。

  2. 02採用サイトへの流入経路を考えていますか?

    企業名を知った求職者に効果的にアピールするためには、ただ漠然とWebサイトを作って置いておくだけでは効果を見込めません。Google求人をはじめとする各種求人のポータルサイトに自動で取り上げてもらうためにマークアップや内容管理は必要不可欠です。コーポ―レートサイトやサービスサイトと上手く連携できれば、それだけでも数字は変わってきます。流入数や流入経路を具体的に計画し、運用していくことも人材を獲得する上で必要です。

  3. 03採用サイトの「運用」にはリアルを掲載する

    求職者が見たい採用サイトは、ありきたりの文章とダウンロードした画像で固められたコンテンツではありません。これから一緒に働く仲間に自分が加わってどんなことができるか。同じ考え方で、同じ方向に向かっていけるのかといった有益な情報が必要です。他の会社とあまり変わらないコンテンツを並べていても「これなら他でいいかな」と思われてしまいます。自社だからこそ叶えられる独自性のあるコンテンツを発信し、求職者に働いている姿を具体的にイメージしてもらいましょう。

  4. 04採用基準を明確にしておきましょう

    自社発信の採用サイトでは、採用の基準を自社で明確に設けることが可能です。そのため、年齢や性別、持っている経験やスキルなど求めるものを明確にしておくことをおすすめします。ペルソナ設定のハードルを上げ過ぎるのは問題ですが、採用基準を曖昧にすると求めていない人材から応募が来てしまう可能性があります。書かれている基準を満たしているにもかかわらず、履歴書をもらう前からお断りするような事態に陥らないように配慮しておきましょう。

  5. 05KPIの設定や運用サポートが可能

    採用サイトだからといって、求人情報を掲載して放置するのは得策ではありません。当然、情報の管理やコンテンツの制作をはじめ、運用が必要となってきます。そして、具体的な指標となるKPIは当然求人応募であるべきです。訪問者数やPVは目標になり得ません。glowでは、達成状況のレポーティングや改善案など、採用サイトのサポートも対応させていただきます。人材の獲得状況や達成率などを数値化し、PDCAを回していきましょう。

ニーズに合わせた価格帯と納期

Price and period

実際に、glowで新卒・中途採用サイトを制作した企業様の料金と納期をグラフにてご紹介します。

平均価格
平均納期