教育・学校サイト制作

よく、教育機関のWebサイトと学習塾・家庭教師などのサイトが同列に並んでいますが、ペルソナを考えるとまったく異なる戦略が必要となります。学習塾・家庭教師などのサイトに求められるのはサービスサイトと同様の要素であり、戦略です。一方で、教育期間や学校サイトの最終的な目的・目標は学校の価値を高め、受験希望者を増やすことにあるにあるのではないでしょうか。そのため、現在の教育・学校サイトは、コーポレートサイトに近いスタイルのものが好まれています。ただし、実際に利用するユーザーは受験生だけではないため「情報を発信し、利用してもらう」多数のペルソナ設定も必要となります。

学校の方針や学部、学科ごとの学ぶ内容、入試の案内や学校行事のお知らせなど、多数の要素を掲載していく必要があります。情報をうまくセグメントし、見せたいユーザーに届くよう構成していくかがポイントのひとつ。KPIを設定し「誰に対して、どういった目標達成を考えていくか」を含めた戦略を立てることが教育機関のWebサイトにおいて必要となります。

教育・学校サイト制作の目的とは

The purpose

  1. 1. お問い合わせ数の増加
  2. 2. 求める人材の獲得
  3. 3. 学校・教育機関の紹介
  4. 4. 地域の方との交流

目標達成するために最適なご提案をいたします。

Goal achievement

  1. 01高校生のスマホ普及率は90%以上

    学生のスマホ普及率は中学生で60%以上、高校生では90%を超えています。にもかかわらず、現在のWebサイトは在校生ではなく保護者や受験生に向けたものになっていることが多いです。スマートフォンを持っているにもかかわらず、自らが通う学校のWebサイトを閲覧したことがない生徒も少なくないのではないでしょうか。スクールコンプライアンスを守りつつ、在校生も運用に参加できるシステムを組むことも教育機関のサイト運営において考慮すべきかもしれません。

  2. 02進学を検討している学生を意識する

    学校のWebサイトを閲覧するユーザーは受験生やその保護者、在校生の両親など多岐にわたります。そのため、ペルソナが多数出来上がり、多方面を意識したWebサイトになってしまいがちです。実際、サイトに掲載される内容は多くのユーザーに対する利便性を意識する必要がありますが、最終的なコンバージョンは受験生の獲得です。これを軸に、どういった戦略で「この学校に行きたい」と思わせるかを考慮し、Webサイトの制作方針を決定していきます。

  3. 03教育機関のサイトはレスポンシブ必須

    先にも述べた通り、教育機関が最重要のペルソナに設定しているのは受験生である中学生や高校生なので、高い確率で自分のスマートフォンを持っています。つまり、進学したい学校のWebサイトを、スマートフォンで閲覧できる環境が整っていることになります。もし、スマホ対応ができていない場合、最重要のユーザーが閲覧しにくい環境になっており、Webサイトとしては致命的です。教育機関のサイトこそ、レスポンシブデザインを採用し、スマホで閲覧しやすくすることが求められます。

  4. 04検索に強いWebサイトの構築

    教育機関のWebサイトなのだから、学校名の名指し検索でTOPにあれば問題ないと考えていませんか?ユーザーは日々さまざまなことを検索しています。例えば「オープンキャンパス」は検索ボリュームが4万を超えるビッグワードです。最重要のペルソナが対象となるため、検索時に上位表示されるだけで興味を抱く受験生が増えても不思議ではありません。今やSEOはWebサイトを運営する上で考えなければならない項目のひとつ。それは、教育機関も例外ではないのです。

  5. 05学校の特色を表現するこだわりのデザイン

    技術、戦略、運用など、必要な要素や考えるべきことは数多くありますが、忘れてはならないのは「特色を出すためのこだわり」です。学校のWebサイトにおいて「イメージ」は重要な戦略的要素のひとつです。デザイン学校のビジュアルがダサかったり、幼稚園のサイトが子供の写真が一切ないスタイリッシュなデザインだったりしたら、違和感を抱く人も少なくないはずです。文字や伝えたい情報はもちろん、学校の特色をイメージできるビジュアルデザインにすることも大切にしています。

ニーズに合わせた価格帯と納期

Price and period

実際に、glowで教育・学校サイトを制作した企業様の料金と納期をグラフにてご紹介します。

平均価格
平均納期