スマートフォンサイト制作

スマートフォンサイトとは、スマートフォンからのアクセスを目的として制作されたWebサイトのことです。スマホの普及により、現在のWebサイトへのアクセス状況は7割以上、多い場合は9割がスマートフォンと言われています。特にBtoCのビジネスにおいてこの傾向が顕著になっていて、スマートフォンで閲覧しにくいWebサイトは早急の対策を迫られています。スマートフォンサイトは、現行のパソコン専用サイトがある場合はパソコンとスマートフォンの両方で閲覧できるサイトにするために、まだWebサイトがない場合はメインターゲットをスマホユーザーに絞って運用する場合に用いられます。

そこで発生するのが、レスポンシブWebデザインとの対比。新規制作だけでなく、現行サイトがある場合でも「作り直す」選択肢との対比となります。もし、間違った選択をしてしまっても簡単にリニューアルできるわけではないため、慎重にならざるを得ません。しかし、慎重になり過ぎて何もしないのが最も悪手となることもあります。最良の選択肢を知るためにも、まずは調査・分析を開始してみませんか?

スマートフォンサイト制作の目的とは

The purpose

  1. 1. 検索エンジン対策
  2. 2. SEO対策
  3. 3. 利便性の向上
  4. 4. UIの向上

目標達成するために最適なご提案をいたします。

Goal achievement

  1. 01スマートフォンからのアクセス状況調査

    スマートフォンサイトのみでWebサイトを運用しようと考えている場合、制作前の調査は重要となります。何故なら、多くのWebサイトが7割以上、多ければ9割がスマートフォンからのアクセスと言われていますが、時として半数がパソコンからのアクセスという場合もあるからです。現行サイトがある場合、解析ソフトを導入することである程度簡単に調査が可能です。ない場合は、市場調査やターゲット選定の段階でユーザーの状況を把握し、スマートフォンサイトのみの運用が正しいかどうかを判断します。

  2. 02スマートフォンサイトのメリット

    スマートフォンサイトのメリットは専用のWebデザインであることです。パソコン専用サイトのあるなしに関わらず、スマートフォンユーザーに特化してデザインを構築するため、シンプルな構造設計になります。どんなに大きくてもタブレット端末の画面がフルサイズとなるため、サイズを抑えて画像を配置でき、サイトの読み込み時間も早くなります。パソコンからのアクセスがほとんどない場合、上記のメリットを捨ててまでレスポンシブにこだわる必要がないかもしれません。

  3. 03パソコンとスマホでサイトを分けるメリット

    レスポンシブWebデザインを採用せず、パソコンとスマートフォンでそれぞれにサイトを制作する場合のメリットはそれぞれに特化できることです。レスポンシブデザインは多様性はありますが、構造が複雑な上、構造をどちらかをメインにしながら構築していくため制限も少なくありません。縦長の小さな画面を指でタッチして操作するスマートフォンと、横長の大きな画面をマウスを使って操作するパソコンは明らかに別モノ。別々でデザインした方が使い勝手が良くなるのは当たり前と言えます。

  4. 04ユーザーの状況を考えたサイト制作

    スマートフォンサイトを制作する場合、ユーザーがなぜパソコンではなくスマートフォンからアクセスしてくるのかを考える必要があります。何故なら、自宅でソファに座ってアクセスする場合と、電車の中でサイトを閲覧する場合では用途がまったく異なる可能性があるからです。例えば「お店に行きたい」というニーズがある場合、自宅だと地図を見る、予約ボタンを設置する。といった行動を促す必要があります。屋外にいる場合は地図にナビを設定する、今すぐ電話をする。といった行動の方が効果的かもしれません。

  5. 05目的・目標に応じたサイト制作

    Webサイトにおいて最も重要なことは「目的・目標」です。スマートフォンサイトにするか、レスポンシブにするかといった対応は、いずれも「目的・目標」を達成するための手段のひとつに過ぎません。もちろん、どちらをチョイスするかによって大きく結果が変わってきてしまうこともあるので慎重になるのは当然のこと。glowでは調査、戦略の段階から専属のプロがサポートできるため、根拠を基にサイト構築ができる点も成功への近道と言えます。

ニーズに合わせた価格帯と納期

Price and period

実際に、glowでスマートフォンサイトを制作した企業様の料金と納期をグラフにてご紹介します。

平均価格
平均納期