ランディングページ制作

Web広告やメールマガジンなどで集客をはかり、特定のページで商品やサービスを売り込みたい場合に必要となるのがLP(ランディングページ)です。

自然検索ではHOMEページをはじめとする各種ページにユーザーが訪れますが、ここから成約になる確率はあまり高くありません。これに対し、目的・目標が明確なユーザーを集客し、そのページで必要なことを伝えるランディングページは格段に成約率が高いページになることが多いです。例えば、サイト内に新規ユーザーだけでなく、リピーターもある程度訪れている場合、HOMEではさまざまな情報が掲載されます。すると、新規ユーザーに閲覧してほしい内容はメニューボタンをクリックして順番に見てもらう必要があります。当然、すべての新規ユーザーが理想の動きをしてくれるわけではなく、離脱率はおのずと上昇してしまいます。必要な情報を、閲覧してほしい順番に並べて1ページで完結させたランディングページでは、ページ遷移で発生する不要な離脱を防ぐことができるため、予約ページへの到達率が上昇します。

ランディングページ制作の目的とは

The purpose

  1. 1. 特設ページの開設
  2. 2. 離脱率の減少
  3. 3. 訴求力を高める
  4. 4. 広告との連動

目標達成するために最適なご提案をいたします。

Goal achievement

  1. 01閲覧者にしっかりと「言いたいこと」を伝える

    ランディングページを訪れるユーザーは既に商品やサービスに対して興味を持っている人です。そのため、知りたい情報を必ず持っています。サービスにどういったメリットがあるのか、商品の金額はいくらか、どういった効果があるのかなどです。これをできる限り見やすい状態にしてユーザーの目につくようにしておけるかどうかがランディングページのポイントです。ユーザーの「知りたい」ことを早めに解決させた上で「言いたいこと」をしっかりと伝えられるページが必要となります。

  2. 02華美になり過ぎない程度にデザインを工夫する

    時折、ランディングページを派手に加工しているWebサイトを見かけますが、デザインが華美になりすぎると「言いたいこと」が伝わりにくくなってしまいます。Webサイトや商品・サービスのイメージにもよってデザインは異なりますが、必要以上に装飾をする必要はありません。ただし、例えば写真のトリミングがすべて四角だとただ並べただけという印象になるため「特別感」がなくなってしまいます。ひと工夫を加えたレイアウトも、ユーザーに重要な情報だということを伝えるための手法のひとつになります。

  3. 03情報のグループ化が「分かりやすさ」のポイント

    ランディングページでは、ユーザーに分かりやすく伝えたい内容を説明することが目的となっています。サービスの流れ、特長、口コミ情報、利用のメリットなど、セクションごとに言いたいことや伝えたい内容があるため、情報がグループ化されています。この要素の1つひとつを丁寧にユーザーに伝えるためには、情報の切れ目を認識してもらうことが大切です。そのため、どんどんスクロールして閲覧できるランディングページでは、セクションごとに少し広めの間隔をとるようにしています。

  4. 04単調で飽きのくるデザインは離脱に繋がる

    単体のページでさまざまな情報が詰め込まれているランディングページは、同じようなデザインを連続させすぎると「飽き」から離脱が発生します。そのため「華美になり過ぎない、特別感のあるページ」というコンセプトを維持しつつ、セクションごとにパターン変えていく必要があります。ページの目的・目標やユーザーがほしい情報が何かを考えた上で、文字サイズや色、画像のフレームの形などを少しずつ工夫し、見ていて飽きないデザインに仕上げます。

  5. 05必要なのは「売りたい」ではなく「買いたい」

    ランディングページは商品やサービスの広告ページであるため、どうしても「広告」の要素がつきまといます。もともと広告要素が強いにもかかわらず、商品を「売りたい」という想いを出してしまうとユーザーはおなかいっぱいになってしまいます。必要なのは「どれだけ疑問や不安を解決できるか」と「興味を持ってもらい、買いたい・利用したいという欲求を引き出せるか」です。そのために、ワイヤーフレームや企業様のご要望に依存せず、我々も必要な情報が何かというテーマに向き合います。

ニーズに合わせた価格帯と納期

Price and period

実際に、glowでランディングページを制作した企業様の料金と納期をグラフにてご紹介します。

平均価格
平均納期