リスティング・ディスプレイ広告

GoogleやYahoo!などで検索をした時、検索結果の上に表示される「広告」と書いてある項目。実は、検索サイトでは、キーワードに応じて入札金額が設定されていて、検索広告を出すことが可能です。これを、「リスティング広告(検索連動型広告)」と呼んでいます。

Yahoo!をはじめとするポータルサイトやニュースサイト、集客力のある個人のホームページなどには、広告を表示させることができるページがあります。「サービスに関連する項目」「興味をもっていそうな人が集まるページ」を選んで、バナーの広告を表示させることができるサービス。これを、「ディスプレイ広告(バナー広告)」と呼んでいます。人気の料理ブログに料理本、再生数の多い演奏動画にピアノ教室など、関連するコンテンツに広告を表示させた方が、高い効果に繋がることは間違いありません。リスティング広告にしても、ディスプレイ広告にしても、調べている、閲覧しているということは「興味のあるユーザーが集まっている」ということ。不特定多数のユーザーに訴求するよりも、決定率の高い場所で売り込みができるツールとして、近年特に注目が集まっています。

リスティング・ディスプレイ広告の目的とは

The purpose

  1. 1. 短期的に集客を増やす
  2. 2. 購買層を集客
  3. 3. 低予算からスタート
  4. 4. 成果が見える化

目標達成するために最適なご提案をいたします。

Goal achievement

  1. 01リスティング広告のメリット

    日本で1年間に検索が行われる回数は2兆回を超えると言われています。これは、全人口、1億2,000万人が1日平均で45回検索を続けている計算。今や高校生でもスマートフォンの所持率が90%を超えていると言われているため、一定の年齢であれば検索は誰でも気軽にできるものだと言えます。その検索結果に、キーワードを選んで広告を表示させることができるため、興味・関心を抱きやすいユーザーにターゲットを絞ってアピールができることになります。また、香川、高松などのエリアで検索をかけることもあり、ローカルビジネスにおいても有効な広告掲載が可能になっています。

  2. 02ディスプレイ広告のメリット

    ディスプレイ広告最大のメリットは、画像や動画を使ってバナー形式でビジュアル的な広告を掲載できるという点です。しかも、リスティング広告と同様、特定のページや関連性の深いカテゴリー、指定したキーワードを含むページなどの絞り込みが可能。さらに、自社サイトを一度見た人にターゲットを絞り、再度Webサイトを訪れてもらうための広告を打つことも可能です。「買いたい」「利用したい」というニーズを持ったユーザーも多く、効果に繋がりやすい点もメリットのひとつです。

  3. 03広告の「出し方」によって成果が変わる

    Web広告は関連性の高いワードやページに掲載するほど成果につながる可能性が高くなります。そのため、ただ闇雲に掲載するのではなく、ページやキーワード、カテゴリーなどを絞り込んで調整することが可能です。さらに、クリックした後ユーザーを誘導するページも調整が可能で、HOMEページではなく専用のランディングページを作成することも有効な手段です。多くの選択肢から最良のものをチョイスする必要があるため、まったく知識がない状態で運用を始めてもなかなか成果に繋がりません。

  4. 04広告運用における集客と成果のバランス

    Web広告は「クリックされると課金が発生する」仕組みとなっています。広告を掲載する場所はある程度調整が可能ですが、関連性が低く、集客力のある場所に掲載してしまうと、人は呼べるけれど金額が高くなってしまいます。逆に、関連性が高く、集客力の低い場所だと、人が呼べれば成約率が上がるけれど、そもそもの集客がなかなかできません。人を集めて成果を出すためには、何を選択し、何を切り捨てるのかを考え、両方のバランスを調整しながら運用していく必要があります。

  5. 05一定の金額で高い成果に繋げるために

    Web広告においてベストなバランスを探していくことは費用対効果の向上にもつながります。何故なら、雑誌やテレビCMのように枠を買っているわけではないため、同じ金額でも運用方法によって成果が変わってくるからです。そのため、目的・目標に応じた項目に広告を掲載した上で、効果の低いものを省き、高いところに費用をかけるといった調整が必要です。成果の分析や状況の解析をした上で内容をブラッシュアップさせていくため、ウェブ解析の知識なくしてWeb広告での運用は困難です。

ニーズに合わせた広告費の価格帯と期間

Price range

実際に、glowでリスティング・ディスプレイ広告した企業様の料金と納期をグラフにてご紹介します。

※初期費用など除く

月平均価格
平均期間